2025大阪関西万博の意義

新社会システム総合研究所では
2021年 7月 5日に「2025大阪関西万博の意義」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

2025年4月から10月に大阪市夢洲で日本万国博覧会が開催されることが決まった。いわゆる一般博としては、1970年大阪千里で開催された70年万博以来55年ぶりの開催になる。
テーマは、命輝く未来社会のデザイン“Designing Future Society for Our Lives”であり、サブテーマとしてSaving Lives(いのちを救う)、Empowering Lives(いのちに力を与える)、Connecting Lives(いのちをつなぐ)が設定されている。
コンセプトは、-People’s Living Lab-未来社会の実験場であり、展示をみるだけでなく、世界80億人がアイデアを交換し、未来社会を「共創」(co-create)、万博開催前から、世界中の課題やソリューションを共有できるオンラインプラットフォームを立ち上げ、人類共通の課題解決に向け、先端技術など世界の英知を集め、新たなアイデアを創造・発信する場にとされている。
私は、地元パビリオンとしての大阪健康パビリオンの総合プロデューサーであり、「REBORN」のもと、「健康」という観点と、「知る・感じる」「体験できる」「みんなで参加できる」という視点から、未来社会の新たな価値の創造に取組みます。
本講演では、2025大阪関西万博の目指すものを紹介したい。

1.2025大阪関西万博とは
2.大阪健康パビリオン
3.10歳若返りの旅
4.未来の病院
5.万博のレガシー
6.質疑応答

大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座教授
2025大阪関西万博大阪府市パビリオン推進委員会 総合プロデューサー
内閣府 健康・医療戦略推進事務局 健康・医療戦略参与
森下 竜一(もりした りゅういち) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21271

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧