倉敷中央病院が、日本初・世界でも類を見ない、研修医採用のための実技トライアウトを実施。約30名が参加。米粒寿司・5ミリ折り鶴・昆虫組み立てに挑戦。

公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院(岡山県倉敷市美和1丁目1番1号
創立1923年)は、2015年7月19日(日)東京ビッグサイトにて、日本で初めて・世界でも類を見ない、研修医のための実技試験のトライアウトを実施しました。これは、当院が研修医採用に導入する実技審査の試験的取り組みとして行いました。

トライアウトは13時と17時、2回実施され、それぞれ15名程度の参加者が取り組み、そのうち3名をそれぞれ成績優秀者として評価しました。

■倉敷中央病院トライアウト 特設WEBサイト
■倉敷中央病院 公式WEBサイト

≪実技トライアウトの内容は以下の3つ≫
・ 約5mmの折り鶴を15mm平方の折り紙を用いて何羽つくれるかに挑戦
・ 約35mm前後のタマムシを13の部分に分解したものを、もとの形に組み立て直せるかに挑戦
・ 約5mm程度のひと粒の米の上に極小の刺身を載せた寿司を何貫つくれるかに挑戦

以上をそれぞれ15分以内に行いました。

参加した医学生は、それぞれ当院側が用意したピンセットやメスと鉗子、手袋などを用いて試験に取り組みました。
参考として当院の研修医も参加しましたが、試験という緊張感、経験のない作業ということが影響し、3つの内容いずれも完成できないほどの厳しい試験となりました。寿司に関しては研修医が11貫完成のところ、医学生は最高で8貫の完成。一方で折り鶴は、医学生が健闘し、2人が3つ完成させたところ、研修医は完成に至りませんでした。
今回のトライアウトを参考にし、実技を取り入れた本採用試験は2015年8月2日(日曜)・16日(日曜)に倉敷中央病院で行います。

≪試験に取り組んだ医学生の声≫
・ものすごく緊張したが実際に医療の現場では、もっと緊張するミスが許されない状況になるので良い体験ができた
・医療業界ではこういうユニークな取り組みは実施されないので、第一号の受験者となることができてよかった
など、体験に対して肯定的な感想がありました。

≪倉敷中央病院 救命救急センター長兼教育研修部部長 福岡敏雄医師の声≫
・筆記試験や面接では測れない、重要な何かを測りたいと思い、トライアウトを実施することにしましたが、狙い通り、意欲的でチャレンジングな若者たちと出会うことができました。単に手先の器用さを測るのではなく、医療の現場という命を預かる状況での集中力や判断力、極限状況でも諦めない精神力をみたかった。医学生が試験に取り組む様子をみていると、最初は手も足も出なかったのが、次第に回数が進むに連れて工夫したりと進化が見えて、短い時間にも自分を向上させていく可能性を感じました。結果的には、自分を育てられるような医師と一緒に働いていきたいです。実験的な取り組みでしたが、実施して良かったと思います。

【報道関係お問い合わせ先】
倉敷中央病院 医師採用PR事務局(株式会社ザックス内)
担当:畑中、平野(ハタナカ、ヒラノ)
TEL:03-6804-2931
FAX:03-3403-1226
Mail:kurashiki@zaax.co.jp

d14499-2-397987-0d14499-2-430086-2d14499-2-393196-1

 

 

サービス詳細URL:http://www.kchnet.or.jp/recruiting/