地域密着型の中小病院が支えるまちづくり

新社会システム総合研究所では
2022年 9月 5日に「地域密着型の中小病院が支えるまちづくり」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

世界一の超高齢国であるわが国には、地域包括ケアシステムを支える地域密着型の中小病院が必要不可欠である。そうした病院は、これまでの急性期大病院との連携や診療所の在宅支援だけでなく、自ら内部のマンパワーを活用して介護や福祉、保健や介護予防に取り組みながら、広く生活支援の担い手になるとともに、行政との連携や地域と医師会への人材派遣、さらにはまちづくりにも参画することが求められている。
公的に認められた中小病院の唯一の病院機能である在宅療養支援病院をさらに発展させ、来るべき超高齢社会を乗り切る役割を果たせるようにするために、演者らは四病院団体病協議会の支援を得て2022年3月に一般社団法人日本在宅療養支援病院連絡協議会を設立した。

1.地域包括ケアシステム
2.地域医療構想
3.地域密着型中小病院
4.在宅療養支援病院
5.まちづくり
6.質疑応答

医療法人博仁会 志村大宮病院 理事長
一般社団法人日本在宅療養支援病院連絡協議会 会長
茨城県医師会 会長/日本地域包括ケア学会 事務局長
鈴木 邦彦(すずき くにひこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=22468

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧