いま着手すべきコスト削減策と「便乗値上げ」の見極め方

新社会システム総合研究所では
2022年 9月21日に「いま着手すべきコスト削減策と「便乗値上げ」の見極め方」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

<第1部> 燃料代の高騰、材料費等の物価上昇による影響

GUTS株式会社 代表取締役
清水 仁(しみず じん) 氏

14:00~15:00

いわゆる空床確保料が10月以降も補助金の対象となるのかどうかが本日(2022年7月)時点では明らかとなっていませんが、少なくとも補助ベースは大きく下がってくることが想像できます。しかし患者はまだコロナ前の水準に戻っているかといえば微妙なところで、そんな中、確実にPPE(個人防護用具)製品のコスト増はどの病院にも着実にダメージを与えています。
そして・・・、強烈な電気料金の値上げ、燃料代の高騰、更には円安による物価上昇(給食材料)が襲いかかっています。でも、思いませんか?「ほんとに値上げしなきゃダメなの?」「便乗値上げじゃないの?」「大企業はこういうときのためにリスクヘッジしてるって聞いたけど?」
医療業界に巻き起こっているコスト増について、第三者の視点からお話しします。

1.薬価/償還価格のスライド交渉は目標達成できましたか?
2.電気代爆上がりだけどどうしよう・・・。
3.「ウクライナ戦争」の影響で穀物相場も上がるぞ!
4.円安で輸入品価格は上がるし、コスト面での影響がすごいな・・・。
5.「便乗値上げ」なの!?どうなの!?

<第2部> Withコロナ時代のLCOの実践

GUTS株式会社 代表取締役
清水 仁(しみず じん) 氏

15:05~17:00

いまのコスト増については第1部でご理解いただけたかと思います。とはいえ、コスト増となるものは現実として存在しますし、これからの医療業界ではサイバーセキュリティーへの対策、医師の働き方改革への対策(宿日直許可)、などなどwithコロナ時代への対応を迫られ、しかも単純な追加予算が必要となることが想定されてしまっています。
では、どうすればいいのか。演者の立場からwithコロナ時代のLCO(ローコストオペレーション)について実践例を交えてご案内いたします。本セミナーでは、お聞きいただいた方が一つでも多くご活用できる「ネタ」をご紹介していきます!

1.医薬品費/診療材料費LCOで使える「ネタ」
2.委託費LCOで使える「ネタ」
3.その他、コスト削減で使える「ネタ」
4.まとめにかえて

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=22472

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧