公費負担医療の仕組みと事務の流れ

新社会システム総合研究所では
2022年 5月21日に「公費負担医療の仕組みと事務の流れ」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

公費負担医療の患者が来院すると、窓口負担がいくらになるのか、レセプト作成はどうなるのかと戸惑うこともあるとの声があげられています。
公費負担医療は感染症蔓延時に速やかに医療提供を行い、公衆衛生状態の悪化を防止します。また窓口負担が心配で受診をためらう患者が受診しやすくするなど社会福祉の増進にも寄与するなど、重要な役割を果たしています。
公費負担医療の患者が来院したときに戸惑うことがないように、窓口事務からレセプト作成まで、わかりやすく解説します。

1.公費負担医療とは
ア)公費負担医療の仕組み
イ)費用負担について

2.公費負担医療の事務の流れ
ア)公費負担医療を取り扱うには
イ)受給者証等
ウ)窓口負担
エ)レセプト作成

3.主な公費負担医療制度について
ア)生活保護法
イ)難病・特定疾患医療研究事業
ウ)障碍者自立支援医療(精神通院医療)
エ)感染症(結核通院医療)
オ)外国人の医療
カ)その他

4.質疑応答

※受講者全員に著書「公費負担医療の実際知識 2022年版 実例・図解による請求事務マニュアル」
(医学通信社、2022年4月26日刊)を進呈

医療法人社団永高会 蒲田クリニック 顧問
栗林 令子(くりばやし れいこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=22282

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧