医療・健康データを活用したヘルスケアデータビジネス推進におけるデータコンプライアンスの勘所【JPIセミナー 1月27日(木)開催】

【会場受講】又は【ライブ配信受講】をお申込の場合は、セミナー終了3営業日後から、4週間何度でもアーカイブをご視聴いただけます。

日本計画研究所は、PwCあらた有限責任監査法人 システム・プロセス・アシュアランス部 シニアマネージャー 江原 悠介 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
◆セミナー終了後(アーカイブご視聴後)、講師へのご質問やお取次ぎもさせて
いただきます。
◆講師やご参加者同士での人的ネットワークが構築され、新たなビジネスの創出
に、大変お役立ていただいております。

〔講義概要〕
現在、デジタルトランスフォーメーションのもと、日本国内でも医療・介護、健康等のヘルスケアデータを利活用した新規データサービスが様々に設計・展開されている状況である。
一方、国内でこうしたヘルスケアデータを取り扱う場合は、そのデータの利用方法・用途・局面等に応じて検討すべきデータコンプライアンスの焦点が動的に変化する。
取り扱うヘルスケアデータに応じたコンプライアンス対応が十分でなければ、仮に新規のサービスが軌道に乗ったとしても、大きな手戻り、レピュテーション上のダメージを強いられ、本来求められるべきユーザ保護も十分に行えないことになりかねない。
本セミナーでは、経済産業省・総務省安全管理ガイドラインの改定検討委員を務め、様々なヘルスデータサービス支援を行っている演者の立場より、「3省2ガイドライン」に加え、21年4月に公開された「民間PHR事業者による健診等情報の取扱いに関する基本的指針」(3省PHR指針)、令和2年度に改正された個人情報保護法の要件も含めた観点より、国内で医療・健康データを二次利用したメディカル・ヘルスケアデータコンプライアンスにける概要、及び直近の検討シナリオの事例等を詳説する。

〔講義項目〕
1.国内の医療・健康データに係るデータコンプライアンスの概要
(1)3省2ガイドライン
(2)民間PHR事業者による健診等情報の取扱いに関する基本的指針
(3)令和2年度個人情報保護法
(4)プログラムの医療機器該当性に関するガイドライン
(5)その他
2.医療・健康データを活用した国内データビジネスにおけるコンプライアンス検討事例
3.関 連 質 疑 応 答
4.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕
PwCあらた有限責任監査法人
システム・プロセス・アシュアランス部
シニアマネージャー
江原 悠介 氏

〔開催日時〕
2022年01月27日(木) 13:30 – 15:30

〔会  場〕
JPIカンファレンススクエア
東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL:03-5793-9761
FAX:03-5793-9766

〔参 加 費〕
▶︎【会場 または ライブ配信受講】
※セミナー終了3営業日後から4週間何度でもアーカイブもご視聴いただけます。
1名 : 33,200円(資料代・消費税込)
2名以降 28,200円 (社内・関連会社で同時お申込しみの場合)
▶︎【アーカイブ配信受講のみ】 1名 : 33,200円 (資料代・消費税込)

サービス詳細URL:https://www.jpi.co.jp/seminar/15717

▼問い合わせ先

株式会社日本計画研究所

〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-32興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

http://www.jpi.co.jp

株式会社日本計画研究所のプレスリリース一覧