なぜ今、医療機関にとってDXの推進が不可欠なのか?

新社会システム総合研究所では
2021年12月14日に「なぜ今、医療機関にとってDXの推進が不可欠なのか?」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ.DXの本質を理解し医療現場に落とし込むには

医療法人輝栄会 福岡輝栄会病院
医療情報部長/形成外科部長
山野辺 裕二(やまのべ ゆうじ) 氏

13:00~14:00

DXのXはtransformの略なので形を変えることである。「DXとは何か」と尋ねられて腑に落ちる答えをくれる人は少ない。私は「文化の更新である」という解答を好んでいる。世の中の「これぞDX」という事例から、医療福祉・介護分野にどう落とし込むかのヒントを考えたい。医療分野では時代遅れの法規や行政、顧客の嗜好などがその障壁となるだろう。それを乗り越えるのか、回避できるのかがポイントとなる。

1.DXの本質理解
2.世の中のDX事例の紹介
3.医療介護分野でのDX事例とは
4.身近な課題を通じた取り組み方
5.法規・組織・人材など問題解決への道

Ⅱ.病院経営層は医療DXをどう捉え、どう動くべきか

公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
情報システム部 部長
藤川 敏行(ふじかわ としゆき) 氏

14:10~15:10

医療機関が抱える様々な課題解決には、DXの推進が不可欠である。しかし、病院としての主体性や計画性の有無により、もたらされる効果は大きく変化する。病院経営層は、DXを正しく理解し、効果的に取り入れていく必要がある。そのためには、ベンダー任せにしない病院主導によるガバナンスの効いたDX推進が重要である。病院経営層は、DXを推進するために「どう動くべきか」について、参考の一助となるよう、倉敷中央病院での事例を紹介する。

1.倉敷中央病院におけるデジタル化の始まり
2.DXを推進するためになすべきこと
3.倉敷地域におけるエコシステムの実践
4.企業との共創
5.病院主導によるDX推進の実現に向けて

Ⅲ.医療DXに対してどのように医療機関として対応するべきか

デロイト トーマツ グループ マネージングディレクター
根本 大介(ねもと だいすけ) 氏

15:20~16:20

本講義では、医療経営、電子カルテ等医療情報、DX等戦略立案に係る関心の高い方に向けたデジタル・トランスフォーメーションの考え方のヒントとなることを目指す。
DXは、解釈が人により異なることが多い、いわゆる「バズワード」であるが、本講義では、バズワードだからと否定せず、DXレポートを一緒に読むことから始め、「医療DX」への展開を考える。すると、医療の経営課題の中で、コストと人材が見えてくる。

1.新時代、知っておかねばならない医療施設の経営課題!
2.「医療DXをバズワードにしない!」 〜 一緒にDXレポートを読み、解釈する
3.理解するべき現状「価格と人材」(情報システムのコストとDX人材について)
4.医療DXに向けたアイデアと方向性

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21529

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧