自然言語解析AIの応用と戦略

新社会システム総合研究所では
2021年10月28日に「自然言語解析AIの応用と戦略」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

人間だけが抽象的なシンボルを使ってコミュニケーションを行い、複雑な感情や状況を表現し伝えることができる。この言語を人に代わってコンピュータに処理させる試みが、自然言語処理である。自然言語処理は、人間に特有の情報を扱うという点で、実社会における応用が、大きく期待されている。その応用範囲は法律、金融、医療、創薬と多岐にわたり、それぞれの分野で求められる自然言語処理の技術も多様である。
本講演では、特に自然言語処理AIの医療・ヘルスケア・創薬分野における応用とその戦略的な展開について紹介したい。

1.自然言語処理AI

2.自然言語処理AIによる診断支援AI(認知症診断支援)

3.自然言語処理AIによる事象予防AI(転倒転落予測)

4.AI創薬における自然言語処理AI

5.まとめ

6.質疑応答

株式会社FRONTEO 執行役員
ライフサイエンスAI CTO・博士(数学)
豊柴 博義(とよしば ひろよし) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21443

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧