新任看護部長及び看護部の意識改革と病院経営改善のポイント

新社会システム総合研究所では
2021年10月 6日に「新任看護部長及び看護部の意識改革と病院経営改善のポイント」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

松阪市民病院は地方公営企業法一部適用の自治体病院で、2007年単年度、約10億円の赤字であった。2008年度よりDPCを導入し、医師数はそれまでの最少で、3年間医師の増員もなしで、2019年度まで11年連続黒字、8年連続で医業収支率100%超を維持してきた。これには医師のみならず、病院内で最多職員数の看護部の意識改革が、大きく関係している。看護部の経営改善のポイントは、①自院の経営状況を経年的に把握しているか? ②DPCを正しく理解しているか? ③診療報酬制度を正しく理解し、実践し、継続しているか? ④自分たちの病院職員が「最高の医療、良質の医療を提供している」と勘違いしていないか? ⑤他の病院より遅れている点を見つけ、謙虚に反省し改善しているか?
これらについて松阪市民病院での経験を基に解説する。

1.新人看護師でも知っておくべきDPCの基本

2.看護師の意識改革による経営改善-具体的な項目
(1)DPCに関連した項目
①予定入院手術、予定検査患者の外来にての検査完璧化
②術後予防的抗生剤の使用の検討
(2)診療報酬制度に関連した項目
①クリティカルパスの再検討
②入院患者の外泊についての再認識
③肺血栓塞栓症予防管理料の算定
④入退院支援加算の算定
⑤認知症ケア加算の算定
⑥せん妄ハイリスク加算の算定
⑦周術期口腔機能管理の検討(口腔ケアの実践)

3.質疑応答

松阪市民病院 総合企画室 副室長
世古口 務(せこぐち つとむ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21450

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧