ヘルスケアデータの民間活用は進むのか?

新社会システム総合研究所では
2021年 9月28日に「ヘルスケアデータの民間活用は進むのか?」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

9月1日デジタル庁創設が予定されるなか、マイナポータルの機能拡充などヘルスケアデータの民間活用を促す制度改正が進められている。ヘルスケアデータは個人情報保護の観点から慎重な取り扱いが求められるが、マイナンバーカードがセキュリティと利便性を両立して普及していくことなどにより、民間企業を含めた幅広い主体が活用できるようになる。
本講演では、制度改正の動向を幅広く確認しながら、民間企業が利用できるヘルスケアデータと利用の方向性、民間企業における事業機会創出やDX推進への示唆および留意点を探る。

1.ヘルスケアデータ民間活用を促す制度改正の動向
2.マイナポータル、マイナンバーカードの動向
3.企業が利用できるヘルスケアデータ
4.公的ヘルスケアデータの活用(海外比較)
5.事業機会創出、DX推進、留意点
6.質疑応答/名刺交換

SOMPO未来研究所(株)
社会保障・ヘルスケアグループ 主任研究員
岡島 正泰(おかじま まさやす) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21366

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧