今、最も注目のマイクロバイオーム

新社会システム総合研究所では
2021年 3月29日に「今、最も注目のマイクロバイオーム」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

マイクロバイオーム (微生物群ゲノム情報) 研究の進展により、多くの疾患や健康状態の変化がマイクロバイオームの変容に関連していることが示されてきています。このため診断・分析・検査や、治療薬、健康食品、農畜水産業用途の開発などへと応用研究が進められています。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は臨床試験の遅れと投資活動の停滞などを招き、開発の継続性に関わるリスクを高める要因となりました。しかしながら、COVID-19問題によって人々の健康への関心が高まり、当該市場のドライバー因子にもなっています。
本セミナーでは、マイクロバイオーム市場に関わるスタートアップ企業の取り組みをメインに取り上げ、さらに市場規模から技術トレンド、シーケンシング、健康食品、農畜水産業等への応用、規制、マーケティングについてまで、幅広く取り扱います。

1.マイクロバイオーム市場トレンド
(1)マイクロバイオームとは
(2)マイクロバイオームと疾患の関係
①胃腸疾患系(C. difficile、炎症性腸疾患等)
②肝疾患系(非アルコール性脂肪肝等)
③代謝障害系(肥満, 糖尿病等)
④がん疾患(大腸がん、肝臓がん等)
⑤免疫疾患系(1型糖尿病、乾癬、アレルギー等)
⑥脳・神経系疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、自律神経失調症等)
(3)マイクロバイオームとシーケンシング
①16S rRNAシーケンシング
②ショットガンメタゲノム解析
③メタボローム解析
④統合オミクス解析
(4)Fecal Microbiota Transplantation (便微生物移植)

2.マイクロバイオームアプリケーション
(1)治療薬
(2)診断
(3)健康食品
(4)スキンケア
(5)農畜水産業
(6)その他

3.サプライチェーン
(1)マイクロバイオーム産業セグメント
(2)糞便バンクとマイクロバイオーム
(3)細菌回収カプセル
(4)シーケンシング

4.競争環境分析
(1)主な市場参入企業の分析
(2)競合リーダーシップマッピング

5.市場規模予測
(1)疾患別、アプリケーション別
(2)プロバイオティクス、プレバイオティクス

6.マイクロバイオームとマーケティング戦略
(1)アフターコロナ-でますます高まる健康への関心
(2)規制と課題
(3)マーケティング戦略に関する考察

7.まとめ

8.質疑応答

沖為工作室合同会社 Founder
沖本 真也(おきもと しんや) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21143

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧