日本における健康・医療データ利活用の現状と データヘルス改革の進捗

新社会システム総合研究所では
2021年 3月23日に「日本における健康・医療データ利活用の現状とデータヘルス改革の進捗」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

日本においても、健康・医療・介護データの利活用が進められています。
コロナ禍で改めて国のデータ利活用の遅れが浮き彫りとなりました。そこで、諸外国のデータ整備状況や利活用の状況を参照しながら、日本におけるデータ利活用の現状と、データヘルス改革の進捗を国の公表資料をもとに紹介します。
また、本年度からスタートするPHRシステムでは、民間の参入が期待されています。諸外国での民間参入事例を紹介しながら、国内における今後の動向を考えて参りたいと思います。

1.日本における健康・医療・介護データの特徴
2.データ利活用に向けた動き
3.データヘルス改革・集中改革プラン
4.海外におけるデータ利活用と民間PHR
5.質疑応答

株式会社ニッセイ基礎研究所
保険研究部 准主任研究員
村松 容子(むらまつ ようこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21115

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧