高齢者を支える多職種連携ケアの実践

新社会システム総合研究所では
2021年 3月17日に「高齢者を支える多職種連携ケアの実践」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ.チームでの多職種カンファレンスの取り組み

松江赤十字病院 教育研修推進室 主任 診療看護師
本田 香(ほんだ かおり) 氏

14:00~15:00

高齢社会、COVID-19等、医療福祉システムの需要と供給のバランスが災害級の様相を呈す一方、その対策は現場レベルではまだまだ醸成途上にある。高齢者ケアの質向上にあたっては、職種内外問わず、質量ともに十分な議論が必須である。そのような中、多職種協働を重視する診療看護師の日々の実践、チームで実施したデスカンファレンスの内容と成果を紹介しつつ、次世代の医療人・高齢者ケアの在り方について言及する。

1.高齢者ケアの現状
2.看護カンファレンスにおける課題
3.診療看護師の活動・多職種協働実践の実際
4.チームでのデスカンファレンスの取り組みと成果
5.次世代の医療人とは〜医療社会学的観点から〜

Ⅱ.急性期病院における多職種連携ケアの考察

公立八女総合病院 リハビリテーション科
専門作業療法士
中島 龍彦(なかしま たつひこ) 氏

15:10~16:10

昨今医療業界だけでなく様々な業界でも、多職種や他分野との連携を通じて、生産力向上を目指している。医療業界もまた多職種連携(IPW)にて患者様の治療とケアで生活機能の向上が図れている。我が国は高齢社会であり医療の現場も高齢者への治療やケアの取り組みが日々行われている。とりわけ急性期病院では全身状態の不安さで様々な症状悪化の懸念がある。そこで本講では当院で実践した急性期病院での多職種連携でのケアを紹介する。

1.連携とは
2.多職種を知ろう(作業療法を一例として・・)
3.高齢者を理解する
4.急性期病院における高齢者への多職種連携とは
5.当院での実践実例

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21132

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧