Apple Watchによる自己健康管理術と 医療データ連携サービスへの応用

新社会システム総合研究所では
2021年 3月10日に「Apple Watchによる自己健康管理術と医療データ連携サービスへの応用」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Apple Watchで心電図や血中酸素ウェルネスが記録できるようになり、家庭でできる健康管理の幅が広がっている。我が国は健康診断が充実しているとはいえ、検査は一時的なものにすぎない。一方、Apple Watchは身につけているだけで、様々なヘルスケアデータを継続的に取得し続けてくれる。こうしたデータは、iPhoneに眠らせておくのではなく、それぞれの意味を正しく理解することで、自分の健康状態の変化に気づくきっかけにすることができる。
コロナ禍で病院受診控えなどが問題視される中、Apple Watchで収集するデータを活用して、セルフメンテナンスを行うことの意義は大きい。このために必要な、ユーザー、医療従事者、サービス提供者の正しい共通の認識を検討する。

1.心電図と脈拍数
2.血中酸素ウェルネスとCOVID-19
3.Apple Watch Heart Study
4.医療データ連携と、サービス化における注意点
5.質疑応答

慶應義塾大学病院 循環器内科
不整脈先端治療学寄附講座 特任講師
木村 雄弘(きむら たけひろ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=20095

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧