介護報酬改定に1日も早く対応するため 経営者、経営幹部は何をすべきか

新社会システム総合研究所では
2021年 2月 2日に「介護報酬改定に1日も早く対応するため経営者、経営幹部は何をすべきか」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ.2021年介護報酬改定後の成長戦略

株式会社スターコンサルティンググループ 代表取締役
糠谷 和弘(ぬかや かずひろ) 氏

13:00~14:00

少子化による人手不足、新型コロナウイルス感染リスク増大とそれをきっかけにはじまったIT化、オンライン化など、経営環境は目まぐるしく変化しています。その中で行われる介護報酬改定は、事業者に大きな影響をもたらします。改定まで1ヶ月。1日も早く対応するために、経営者として、経営幹部として何をすべきかを具体的に解説します。

1.経営環境の変化が事業者に与える影響
2.介護報酬改定内容とその対策
3.改定までにやるべきこと
4.採用、教育、ICT化の進め方
5.その他、最新情報

Ⅱ.創業6年で従業員400名規模にしたドットライン式経営法

「本当は教えたくない今すぐできる4つこと」
株式会社ドットライン 代表取締役兼グループCEO
垣本 祐作(かきもと ゆうさく) 氏

14:10~15:10

「もう報酬改定によって焦りたくない」「地域ナンバー1の介護企業にしたい」と思っている経営者にオススメです。
創業6年で千葉最大級の福祉医療企業と成長。千葉市を中心に在宅介護・福祉・医療の主要在宅サービスや保育園を直営50事業所以上展開。地域密着ワンストップで在宅サービスを提供している株式会社ドットラインの経営手法を初めて公開します。より具体的にかつ簡単にできる4つの方法を解説します。

1.良い人を採用するには○○をしろ。
2.部下が思うように動かないなら○○しろ。
3.報酬改定を追い風にするなら○○しろ。
4.地域ナンバー1企業にするなら○○しろ。

Ⅲ.自立した生活を叶える自立支援特化型のデイサービスのリアルノウハウ

株式会社ポラリス 代表取締役社長CEO
森 剛士(もり つよし) 氏

15:20~16:20

2016年11月当時の安倍総理が「自立支援に軸足を移す」と宣言され、2018年の介護報酬改定では「ADL維持等加算」が始まり、更に2021年改訂において、条件が大きく緩和され、点数も10倍になるといわれています。手始めに「入浴の自立支援」がはじまり、介護福祉士重視も加速、結果として介護事業社の再編が加速します。いま経営者、現場は生き残りをかけ何をしなければいけないか。そして言葉だけが先行している感のある「自立支援」について具体的に正しく解説します。

1.介護報酬改定の裏側とその対策
2.生き残る為に経営者が今すぐ&中期長期でやるべき事
3.生き残る為に今すぐ&中期長期で現場がやるべき事
4.すぐやるべき自立支援のリアルノウハウ
5.その他、最新情報

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21042

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧