未然に防ぐ病院の災害対策

新社会システム総合研究所では
2020年11月27日に「未然に防ぐ病院の災害対策」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

「被災しても入院患者を守り抜く」ために、被害による職員と患者への影響を減じる準備が減災対策です。そして「未然に防ぐ」が減災対策の獲得目標となります。具体的な三方策は、業務圧縮、情報管理、チーム活動です。いずれの方策も災害のための特別な対策ではなく、日常業務の中で修練できる、むしろすべき事柄です。日々の忙しさで順送りされている災害への備えを、日常のすき間で分割して通年で行うコツもご紹介します。

1.業務継続のための課題
2.業務仕分けによる業務圧縮
3.災害対策本部の情報管理
4.チーム活動の育て方
5.減災カレンダーを使った業務継続訓練

東京都立広尾病院 減災対策支援センター 部長
博士(工学)、社会医学系専門医・指導医

中島 康(なかじま やすし) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20425.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧