保健医療福祉情報の連携と活用のビジョン

新社会システム総合研究所では
2020年11月24日に「保健医療福祉情報の連携と活用のビジョン」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

妊娠前から死後のグリーフケアまで、多様なライフコースデータの連携と利活用が期待されています。しかしながら、これらの多様なデータは、それぞれ異なる主体によって管理されており、保健医療福祉分野の研究開発者はもとより、保健医療福祉サービスの提供者、更には本人ですら十分に利活用できていません。
本講演では、地域共生社会に向けて、次世代医療基盤法に基づく医療ビッグデータの連携と利活用に関するビジョンと課題を提示します。
また、令和2年6月に認定を取得した認定医療情報取扱受託事業者(認定受託事業者)としての事業概要についてもご紹介するとともに、認定受託事業者であることによる医療ビッグデータ利活用ビジネス等の今後の新しい方向性を示す予定です。

1.保健医療福祉情報の連携と活用に関する政策動向
2.個人情報保護法と次世代医療基盤法の概要
3.日本医師会医療情報管理機構(J-MIMO)及びICIによる認定事業及び関連事業の概要
4.地域共生社会に向けた保健医療福祉情報の連携と利活用に関するビジョンと課題
5.質疑応答/名刺交換

ICI(株) 代表取締役社長
国立大学法人弘前大学 研究戦略アドバイザー

工藤 憲一(くどう けんいち) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20276.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧