Q&Aで学ぶ在宅医療算定のコツ

新社会システム総合研究所では
2020年10月17日に「Q&Aで学ぶ在宅医療算定のコツ」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

在宅患者は今後ますます増加が見込まれますが、複雑な在宅医療の点数をマスターして、さまざまなタイプの患者が受診しても、迷わず対応できるようにしませんか。
在宅医療点数の2020年の改定は大幅な改定ではありませんでした。ただし算定頻度が高いものとして、在宅患者訪問栄養食事指導料の「2」が新設され、診療所の主治医の指示を受けた、連携する他医療機関又は栄養ケアステーションの管理栄養士が指導を行った場合に算定が可能になりました。
さらに、在宅自己注射指導管理料①バイオ後続品に係る説明を行い、バイオ後続品を処方した場合には、バイオ後続品導入初期加算150点が3月を限度として加算する、②オンライン診療料届出医療機関が、自己注射の情報通信機器を用いた指導を行った場合、情報通信機器によるもの100点が新設されています。
在宅医療点数を正しく算定し、算定漏れをなくすことを目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちを説明した上で、点数算定・請求までの疑問点解消のために、疑義解釈を通じて解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整、施設入所者の医療なども分かりやすく説明いたします。

1.在宅医療点数の特徴と2020年改定事項
2.基本の「き」、点数算定方法と留意点
(1)点数算定の基本
(2)留意事項
3.介護保険とのかかわり
(1)医療と介護の給付調整
(2)施設入所者の医療
4.レセプト作成時の留意点
5.指導対策、書類整備等の留意点

医療法人社団永高会 蒲田クリニック 顧問
栗林 令子(くりばやし れいこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20390.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧