「企画フェーズの重要性」と「運用と建築との密接な関係」 大成建設(株)が取組む医療施設整備のポイントと事例【会場受講先着15名様限定】【JPIセミナー 10月15日(木)開催】

日本計画研究所は、大成建設株式会社 医療・医薬営業本部 医療施設計画部 営業部部長 岡田 哲 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。

本セミナーは、会場及び、ご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。

〔タイトル〕
病院づくり から 複合施設 そして まちづくり へ
「企画フェーズの重要性」と「運用と建築との密接な関係」
大成建設(株)が取組む医療施設整備のポイントと事例
~認知症・まちづくり・働き方改革~

〔講義概要〕
医療を取巻く環境の変化に伴い、施設への要求は変わり続けます。こうした背景のもと、医療施設の整備には、企画・設計・建設・運用という流れを俯瞰し、管理する能力が求められます。
講演では、特にポイントとなる「企画フェーズの重要性」と「運用と建築との密接な関係」について詳しく説明します。
また、認知症・まちづくり・働き方改革などの社会的テーマに対し、医療施設の整備を通して取組んだ事例とこれからをお話します。

〔講義項目〕
1.大成建設はなぜ医療施設に取組むのか
(1)社会的背景
(2)大成建設の取組み体制と実績
①取組体制
②医療施設の実績紹介
2.お客様の期待に総合力で応える
(1)病院づくりは企画・設計・施工・運用それぞれのフェーズが大切
(2)4つのフェーズの課題に対するソリューション
①企画事例:地域医療の充実と病院の経営改善を両立
②設計事例:患者だけでない、通りすがりの人が立ち寄れる施設
③施工事例:診療を継続しながら、施設を更新する難しさ
④運用事例:PFIで20年の病院運用を実施中
3.社会的ニーズに応えるとは
(1)増える認知症患者にどう寄り添うのか
①認知症高齢者の施設づくり
②認知症専門の病棟でいかに密度の高い医療の提供と
安定した経営を両立させるか
(2)病院づくり から 複合施設 そして まちづくり へ
①駅前の再開発に病院を誘致して患者利便性を向上
②専門病院を集めて病院を核としたまちづくり
(3)病院の働き方改革はAI・Iotで
①汎用ロボティクス技術の病院への展開
②病院プラットフォームによる患者の安全・安心と看護業務の効率化
(4)新型感染症に立ち向かう医療機関を施設面から支援
①既存の施設に手を加えて活用する工夫
②新たな施設整備のための計画指針
4.まとめ
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕
大成建設株式会社
医療・医薬営業本部 医療施設計画部 営業部部長 岡田 哲 氏

〔開催日時〕2020年10月15日(木) 09:30 – 11:30

〔会  場〕
JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL:03-5793-9761
FAX:03-5793-9766
https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 33,360円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,360円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)

〔備 考〕
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>ご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催日の2営業日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへ
ご参加ください。

〔詳細・申し込み〕
https://www.jpi.co.jp/seminar/15161

サービス詳細URL:https://www.jpi.co.jp/seminar/15161

▼問い合わせ先

株式会社日本計画研究所

〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-32興和広尾ビル

TEL:03-5793-9761

FAX:03-5793-9766

http://www.jpi.co.jp

株式会社日本計画研究所のプレスリリース一覧