最新の医療情報規制から考えるスマートヘルスケアシティを見据えた未来像

新社会システム総合研究所では
2020年 9月 1日に「最新の医療情報規制から考えるスマートヘルスケアシティを見据えた未来像~改正個人情報保護法と3省2ガイドラインを踏まえたデータの利活用/データセキュリティの重要性~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

本年6月に個人情報保護法が改正され、3省2ガイドラインの制定が目前となる中、単に仮名加工情報や個人関連情報等の規制内容を理解するだけでなく、これらの制度を踏まえたデータの利活用、特にスマートシティを見据えた利活用への見極めが重要となります。そこで、これらの法令等を踏まえたうえでその方向性を分析します。また、薬機法が改正されたことによるAIを活用した医療機器等の今後や、現在の臨床研究法の諸問題、データのアノテーションと著作権法、不正競争防止法の限定提供データ、データセキュリティ等についても概説します。

1.個人情報保護法の改正概説とヘルスケア分野への影響
2.3省2ガイドラインの概要と今後の影響と世界標準との差分
3.薬機法の改正とAIを用いた医療機器の可能性
4.臨床研究法の医療機器AIの開発の諸問題
5.データのアノテーションと著作権法/不正競争防止法の限定提供データ
6.今後のデータセキュリティの重要性
7.質疑応答/名刺交換

漆間総合法律事務所 副所長 弁護士・弁理士
吉澤 尚(よしざわ なお) 氏

漆間総合法律事務所 弁護士
鈴木 修平(すずき しゅうへい) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20298.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧