ウィズ・コロナ時代における医院経営と法的諸問題のポイント

新社会システム総合研究所では
2020年 8月 2日に「ウィズ・コロナ時代における医院経営と法的諸問題のポイント 」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

新型コロナウイルス感染症拡大による様々な影響で、国民に大きな心理的な変化を生じさせたことに加えて、労働関連法規の改正も重なり、医院経営は大きな転換期を迎えております。実際、ウィズ・コロナ時代に入ってから生じているトラブルは、これまでとは異なる傾向が現れてきているようです。そこで今回は、ウィズ・コロナ時代の医院トラブルの傾向を踏まえて、今後も生じるであろうこのような社会の急激なシフトチェンジに対応するための視点や考え方のポイントをお伝えいたします。

1.医院トラブル変容の背景
2.患者トラブル
(応招義務・返金トラブル・オンライン診療・ネットの書き込み)
3.スタッフトラブル(働き方改革・パワハラ防止法・解雇・情報管理)
4.その他のトラブル(契約トラブル)
5.医院トラブル予防回避のポイント
6.これからの医院経営のキモ
7.まとめ・質疑応答

弁護士法人 小畑法律事務所 代表弁護士/歯学博士
北海道大学・北海道医療大学・神奈川歯科大学 客員教授
小畑 真(おばた まこと) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20289.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧