医療機関職員の院内モンスター化、人事措置、パワハラ非難への対応実務

新社会システム総合研究所では
2020年 7月11日に「医療機関職員の院内モンスター化、人事措置、パワハラ非難への対応実務-法的観点を踏まえた医療現場対応の実践事例のポイント解説-」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

この6月1日、パワハラ防止法により、パワハラ防止が義務化されました。ただ、まだその認識と対策の歴史は浅く、十分なものと言えないだけでなく、戸惑いも多いところです。さらに、医療現場では、病院職員がモンスター化するケースが増えており、その対応としての人事措置すらパワハラだと非難され、それならばどうしたらよいのだと戸惑いを感じている方もいらっしゃるかも知れません。
本セミナーでは、それらへの対処事例を通じ、法的観点を踏まえた現場対応の実践の仕方のポイントを解説いたします。

1.勤務医らが院内モンスター化?
(1)医師の働き方改革と過労死問題
(2)人事措置その他の対策
(3)院内モンスター化の防止

2.パワハラ防止法による義務化
(1)定義
(2)類型
(3)「叱る」と「パワハラ」の境界その他

3.パワハラを巡る裁判例
(1)パワハラと認定された例
(2)パワハラと認定されなかった例

4.院内モンスターが生じた場合の対応実務
(1)人事措置
(2)パワハラ非難
(3)新たな対応方法の実務

5.質疑応答/名刺交換

井上法律事務所 弁護士
医療法務弁護士グループ代表
井上 清成(いのうえ きよなり) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20271.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧