コロナ後の病院経営のあり方を考える

新社会システム総合研究所では
2020年 5月30日に「コロナ後の病院経営のあり方を考える」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

地域医療構想や働き方改革が動き始めた矢先に今回の新型コロナの大騒ぎが起こり、それどころではない状況になった。しかしようやく終息の兆しが見え、もうしばらくすると本格的な病院経営の立て直しが求められるようになるだろう。しかしもう元には戻れない。それではどの方向に向かって進めば良いのか?このような疑問に指針を提供するのが、今回のセミナーの目的である。
前半では、まず新型コロナの医学的な基礎知識を確認した後、国際比較や年齢階級別リスクをキーワードとして新型コロナの徹底検証を行う。その結果を受け、今後のコロナ対策について述べる。
後半は、2030年を考える3つのキーワード「働き方改革」「ICTとAI」「老い方死に方の変化」のそれぞれの概説を行い、それぞれに対する対応策を述べる。

1.2030年に向けた病院経営ビジョンの在り方
2.新型コロナの医学的基礎
3.新型コロナの徹底検証と今後に向けたコロナ対応
4.2030年を考えるキーワード1「働き方改革」への対応
5.2030年を考えるキーワード2「ICTとAI」との付き合い方
6.2030年を考えるキーワード3「老い方死に方の変化」への対応
7.質疑応答

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 教授
高橋 泰(たかはし たい) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20248.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧