2020年度診療報酬改定の重点項目とデータに基づくこれからの戦略的病院経営

新社会システム総合研究所では
2020年 3月29日に「2020年度診療報酬改定の重点項目とデータに基づくこれからの戦略的病院経営-急性期病院を中心にした看護必要度等の改定ポイント-」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

2020年度改正の全貌が明らかになりました。
今回の改定は重点課題が「医療従事者の働き方改革」となっており、目玉が少なく「病院として何を重点的に考えたら良いか見えにくい」改定になっている印象です。
しかし、少ない目玉の中でも急性期病院における看護必要度やケアミックス病院における回復期病棟のベッドコントロール、地域医療を支える医療機関では入退院支援や連携に関する変更点は外すことはできません。
急性期病院を中心に、今回の改正を病院経営の追い風とすべく押さえておくべきポイントを整理し、分かりやすくお伝えいたします。

1.2020年診療報酬改定はどんな改定?
2.ベッドコントロールに要注意!回復期病棟の変更点
3.新基準フィーバーだった病院は要注意!
重症度、医療・看護必要度はどう変わる?
4.入退院支援も!しっかり押さえておきたい多職種連携によるケア加算
5.質疑応答

株式会社メディフローラ 代表取締役
(病院経営アドバイザー・看護師・保健師・心理相談員)
上村 久子(うえむら ひさこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20180.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧