令和2年度診療報酬改定を踏まえたこれからの訪問看護事業

新社会システム総合研究所では
2020年 3月 9日に「令和2年度診療報酬改定を踏まえたこれからの訪問看護事業 」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 令和2年度診療報酬改定とこれからの訪問看護事業

公益財団法人日本訪問看護財団 常務理事
佐藤 美穂子(さとう みほこ) 氏

【13:00~14:30】

令和2年度診療報酬改定は、+0.54%の改定率であったが、訪問看護ステーションの多くが潤うような報酬の引き上げは見当たらず、同一建物居住者3人以上の訪問や理学療法士等の訪問看護の適正化が目立つ。
24時間体制で在宅看取りと在宅医療ニーズ対応の訪問看護体制を確保する狙いがあり、保険医療機関の訪問看護・指導に体制加算が新設された。訪問看護ステーションは看護職員を手厚くし機能強化型訪問看護ステーションをめざしたい。

1.訪問看護ステーションをめぐる動向
2.理学療法士等による訪問看護基本療養費の見直し
3.同一建物居住者の同日3人以上の訪問看護
4.機能強化型訪問看護ステーションへの期待
5.精神科訪問看護の質の向上
6.保険医療機関の訪問看護・指導の実績評価等

Ⅱ. 経験と実績に基づく経営ノウハウ、秘訣を開示
如何にして訪問看護事業を成功させるか

ソフィアメディ株式会社 創業者
水谷 和美(みずたに かずみ) 氏

【14:40~16:10】

訪問看護経営における社長の経営思想と経営手腕の要点
-様々な思いが経営理念で統合されているか。
-理念を実現する戦略と戦術は整理されているか。
-目標は計画として全てプロジェクト化をして数字で説明できるか。
-人を動かしモチベーションの上がる人事制度は仕組んであるか。
-クレーム処理の徹底と環境整備の徹底は躾けてあるか。

1.強く必要とされる存在価値の高い経営
2.お客様を第一に想う経営思想
3.戦略、戦術立案の要諦
4.訪問看護事業安定と成長の体制整備
5.質の高い経営とは
6.経営を数字で表現するとは

・実際の講義内容と上記レジュメは、多少相違する場合があります。

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20165.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧