2020年度薬価・調剤報酬改定の全容と対策

新社会システム総合研究所では
2020年 2月25日に「2020年度薬価・調剤報酬改定の全容と対策」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 2020年度調剤報酬改定を読み解く

医療ジャーナリスト・一般社団法人次世代薬局研究会2025 代表理事
藤田 道男(ふじた みちお) 氏
【13:00~14:30】

2020年度調剤報酬改定は、昨年末に公布された改正薬機法と相まって薬局業務の転換を促す内容となる。これは2015年に公表された「患者のための薬局ビジョン」の具現化を図る集大成の意味合いがある。
対物業務の象徴とも言える調剤料は合理化され、調剤基本料も厳しい要件が設定される。一方、「対人業務」の充実を促す薬学管理料は、調剤料等の減額をカバーするまでには至らない。薬局はこれまでのビジネススタイルからの脱却が急務となる。

1.2020年度診療報酬改定の概要
2.調剤報酬改定の内容
(1)調剤料
(2)調剤基本料
(3)各種加算
(4)薬学管理料
(5)在宅関連
(6)薬局関連医科点数
3.薬価改定の概要と薬局への影響
4.薬機法改正と調剤報酬改定の関連性
5.2020年度調剤報酬改定の対応
6.2025年に向けた業務改革の必要性

Ⅱ. 2020年度改定による医療機関の動向と保険薬局に求められる役割

株式会社メデュアクト 代表取締役
流石 学(さすが まなぶ) 氏
【14:35~15:45】

次期診療報酬改定では、薬局や薬剤師の業務に対する評価の見直し、医薬品の適正使用推進が具体的方向性として示されています。従来より求められる対人業務に加えて、薬薬連携など、医療機関が薬局に求める役割も変化していくことが予想されます。医科、調剤それぞれの改定動向から、これから薬局が応えていくべきポイントを検討していきます。

1.薬剤師、医薬品関連の診療報酬改定の動向
2.病院でいま何が起きているのか
3.医療機関の動きと保険薬局への影響
4.対人業務と薬薬連携
5.医療機関が保険薬局に期待すること

Ⅲ. 2020年度調剤報酬改定とこれからの薬局経営

株式会社船井総合研究所 ヘルスケア支援部 医療グループ チーフ経営コンサルタント
清水 洋一(しみず よういち) 氏
【15:50~17:00】

調剤基本料の見直し・調剤料の更なる減算となる2020年度調剤報酬改定。患者のための薬局ビジョンで示された「対物業務から対人業務へ」の移行が、18年改定よりも色濃くなる改定となりました。
もういい加減、試験前の予想問題を探るような行為に終止符を打ち、薬局を基点としたその地域で、どんな医療・介護資源が不足しているか?また、患者さまは何を求めているのか?という観点での薬局経営に切り替える必要があるのではないでしょうか。本講義では、これからの薬局経営のあり方を具体的にお伝えします。

1.2018年調剤報酬改定からの薬局の動向
2.2020年調剤報酬改定の骨子(概要)
3.生産性アップを考える
4.薬局の成長3要素
(1)市場成長
(2)M&A
(3)シェアUP
5.薬局版「424再編リスト」が現実のものに?!

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20114.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧