2020年度診療報酬改定と病院の経営戦略

新社会システム総合研究所では
2020年 2月 8日に「2020年度診療報酬改定と病院の経営戦略~経営改善・経営発展事例から施設整備事例まで~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 三位一体改革と2020年度診療報酬改定を読み解く

国際医療福祉大学大学院 教授
内閣府規制改革推進会議専門委員
武藤 正樹(むとう まさき) 氏
【13:00~14:15】

2020年改定は①地域医療構想、②医師の働き方改革、③医師偏在対策の三位一体改革に沿った改定になるだろう。本講では①地域医療構想と公立・公的424病院リスト、②働き方改革とタスクシフト、③医師偏在対策と地域医療連携推進法人のテーマを解説したのち、2020年診療報酬改定に関して、以下のポイントを病院経営の視点から見ていくことにする。

1.7対1入院基本料の行方
2.地域包括ケア病棟の在り方
3.回復期リハビリ病棟
4.療養病床と介護医療院
5.DPC/PDPS

Ⅱ. 2020年度診療報酬改定を見据えた病院の経営戦略

株式会社メディヴァ 取締役 コンサルティング事業部長
小松 大介(こまつ だいすけ) 氏
【14:25~15:40】

2020年度の診療報酬改定は、2025年に向けた調整期にあたると考えられ、2018年度に提示された病院の機能分化や医療介護連携等の枠組み、地域包括ケア対応強化の流れが今回の改定で後押しされる可能性は高いと考えられます。最新の情報を元に改定の行く末を見通しつつ、第1講義の武藤先生のお話も踏まえた、これからの医療機関経営のあり方、その取り得る経営戦略について、具体的な事例も踏まえながらご紹介できたらと考えています。

1.2020年度診療報酬改定の見通し(武藤先生の講義の補足)
2.医療機関経営戦略のあり方
3.病院経営の経営改善・経営発展事例の紹介
4.事業計画の立て方
5.経営改善・発展に結びつく経営管理・運営管理のあり方

Ⅲ. 病院経営から見た施設整備の事例紹介

日揮株式会社 ヘルスケアソリューション部 テクニカルリーダー
越知 伸成(おち のぶしげ) 氏
【15:50~17:00】

病院を新築・増改築する際に老朽化対応を主目的にするのではなく、自院の立ち位置を認識の上、現行の医療政策を踏まえて、経営戦略を考慮した計画が求められます。この度は、弊社が携わったリニューアル計画の事例を主に施設整備をご紹介します。

1.新築・増改築する際のプロジェクトの進め方
2.事例紹介
3.今後の病院建築の方向性

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20059.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧