2020年度診療報酬改定と看護管理者の役割

新社会システム総合研究所では
2020年 2月15日に「2020年度診療報酬改定と看護管理者の役割」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 2020年度診療報酬改定と看護管理者の役割

公益社団法人日本看護協会 常任理事
吉川 久美子(よしかわ くみこ) 氏

【13:00~14:30】

人生100年時代に向けた「全世代型社会保障」の構築が進められる中、令和2年度の診療報酬改定に向け、中医協では医療を取り巻く諸課題について広く意見交換を行い、改定検証調査結果を踏まえ検討が行われた。講義では、改定の背景、入院医療、地域連携、看護職の負担軽減等を中心に紹介し、看護管理者の役割を検討する機会とする。

1.改定の背景
2.診療報酬改定の内容
(1)入院医療(入院基本料、重症度、医療・看護必要度など)
(2)入退院支援・訪問看護・地域連携
(3)看護職の負担軽減
(4)その他
3.質疑応答

Ⅱ. 2020年度診療報酬改定の影響と看護部門の具体的な対応
~重症度、医療・看護必要度の行方と看護部の在り方~

株式会社メディフローラ 代表取締役
(病院経営アドバイザー・看護師・保健師・心理相談員)
上村 久子(うえむら ひさこ) 氏

【14:40~16:40】

前回の診療報酬改定は病院機能の再編が行われましたが点数誘導はなく、病院側に「自主的に病院の在り方を考えさせる改正」でした。2020改正から急性期病床の削減に向けて徐々に旗振りが行われていきます。急激な環境変化の中で看護部門が対応しなければならない内容を実践に繋がるようお話致します。

1.2020年度診療報酬改定の全容と読み取り方
2.重症度、医療・看護必要度の改正のポイントと対策
3.看護必要度の他、看護部門として把握しておきたい改正情報
4.2022年以降の改定を見据えて看護部門が考えておきたいこと
5.質疑応答

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20081.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧