薬局経営3.0  ~2020年度調剤報酬改定にどう対応するか~

新社会システム総合研究所では
2020年 1月27日に「薬局経営3.0 ~2020年度調剤報酬改定にどう対応するか~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

改正医薬品医療機器等法(薬機法)成立により、薬剤師は必要に応じて服用後の継続的なフォローが義務に、そこで得られた情報を医師等にフィードバックすることが努力義務となった。さらに、薬局開設者には、それらの業務を薬剤師に実施させる体制を整備することが義務づけられた。このような薬局・薬剤師のパラダイムシフトは、薬局経営も大きく変えるはずである。本講では、医師、薬局経営者の立場から新しい薬局経営の形「薬局経営3.0」についてお話したい。

1.改正薬機法が示す薬局・薬剤師の新たな形態
2.薬剤師は服用後のフォローで何をするのか
3.外来、在宅、OTCへの取り組み方
4.0402通知に基づく新しい薬局業務
5.2020調剤報酬改定を見据えた薬局経営3.0とは
6.質疑応答/名刺交換

ファルメディコ株式会社 代表取締役
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
医療法人嘉健会 思温病院 理事長
狭間 研至(はざま けんじ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20070.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧