欧州の新潮流:リエイブルメントサービス

新社会システム総合研究所では
2020年 1月22日に「欧州の新潮流:リエイブルメントサービス-高齢者の地域生活継続を目指して-」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 欧州における高齢者支援のパラダイムシフト

東京家政大学 人文学部 准教授
松岡 洋子(まつおか ようこ) 氏

【13:00~14:10】

ヨーロッパの高福祉国では、高齢者の機能低下や「できない」に対して、制度的サービスによる解決から大胆に脱皮しようとしている。一人ひとりの対話からその人の「well‐being(幸福)」や「力」を見つけ出し、地域の資源を総動員して解決するやり方である。リエイブルメントや社会的処方は、彼らの一つの解答である。

1.ヘルス概念の変化と高齢者観の変化
2.「サービス提供原則」から「well‐being原則」へ
3.デンマーク、イギリスの「リエイブルメント」
4.オランダの「インフォーマルファースト」「社会的処方」
5.日本のお家芸AI, IoTへの熱い視線

Ⅱ. リエイブルメントの実際-well‐beingに溢れた生活を取り戻す-

株式会社TRAPE 代表取締役/CWD
大阪大学医学系研究科保健専攻招聘教員
鎌田 大啓(かまた ともひろ) 氏

【14:20~15:30】

「ひとには常に可能性がある」。しかし、今までの視点の延長では課題を可能性に変えることはできない。そこにはperson centered、community based、strength based、asset basedなどの視点を用いて、ひとの可能性=ひとが自分らしいwell‐beingな日常をおくることについて追求していく必要がある。その1つの効果的な方法として今「リエイブルメント」が脚光を浴びている。

1.person centered approach
2.community based approach
3.strength based approach
4.asset based approach
5.対話
6.セルフマネジメント
7.専門職の教育アップデート
8.多職種連携

Ⅲ. リエイブルメントがもたらす地域包括ケアへのインパクト

一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構研究部主任研究員
兼研究総務部次長・さわやか福祉財団研究アドバイザー
服部 真治(はっとり しんじ) 氏

【15:40~16:50】

地域包括ケアシステムの構築において、いかに総合事業を活用できるかが重要な課題の一つになっていますが、住民主体の支援の重要性を強調するあまり、専門職が果たすべき役割が理解されていないように思います。欧州で急速に広がるリエイブルメントと総合事業の類似性を学び、総合事業の本質を理解しましょう。

1.欧州の潮流と介護予防・日常生活支援総合事業
2.介護予防・生活支援サービスの提供責任
3.アセスメント
・要支援認定と基本チェックリスト
・ケアマネジメント
4.地域リハビリテーション活動支援事業
5.リエイブルメントと短期集中サービス(C型)
6.社会参加と生活支援コーディネーター

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20034.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧