院内フォーミュラリーの導入・運用最前線

新社会システム総合研究所では
2019年12月16日に「院内フォーミュラリーの導入・運用最前線 ~国内外の最新動向から各種フォーミュラリーの今後~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 医療費抑制策とフォーミュラリーが目指すべきもの

昭和大学 統括薬剤部長・昭和大学病院 薬剤部長・薬学部教授 薬学博士
佐々木 忠徳(ささき ただのり) 氏

【13:30~14:40】

フォーミュラリーは古くは医薬品集と訳され、院内採用薬として理解されてきた。昨今これが注目されるようになったが、演者はこれに取り組み10年を越えようとしている。最近では院内・院外フォーミュラリーと区別され米国の解釈とは異なって使用されるようになった。医療費の抑制策としてフォーミュラリーの日本が目指すべきもの、どのように寄与するのか改めて論じたい。

1.国民医療費
2.標準治療
3.医療の質・安全
4.有効性と安全性
5.経済性

Ⅱ. 院内フォーミュラリーの導入事例と今後の展開

横浜市立大学附属病院 薬剤部 副薬剤部長
小池 博文(こいけ ひろふみ) 氏

【14:50~16:00】

横浜市立大学附属病院では、2018年4月より院内フォーミュラリーの運用を開始し2019年10月末時点で14薬効群を運用している。本日はフォーミュラリー導入の考え方や導入事例、導入効果について報告する。あわせて、地域フォーミュラリーへの拡大へ向けて当院が取り組んでいる手法についても紹介したい。

1.院内フォーミュラリー導入背景と作成プロセス
2.院内フォーミュラリーの事例紹介と導入効果
3.地域フォーミュラリーの推進に向けて

Ⅲ. 院内フォーミュラリーの作成と実践

東京女子医科大学病院 薬剤部長
木村 利美(きむら としみ) 氏

【16:05~17:15】

フォーミュラリーは標準治療の推進による医療安全と医療経済を改善する方策として、国策として進めなければならない重要な事業課題である。フォーミュラリーの推進と言うと、医師にはまだまだ浸透していないかもしれないが、フォーミュラリーは経済性を考慮した標準治療の推進でもある。そういった意味では、診療ガイドラインの活用は、今や標準的に行われている医療であり、大学病院においても例外なく受け入れられるべき戦略であろう。また、新規高額薬剤の適正使用も考えなければならない。大学病院の機能として地域連携フォーミュラリーを進めることも重要であり、海外の状況も鑑み、大学病院が実施する今後のフォーミュラリーの展開について述べる。

1.大学病院におけるフォーミュラリーの運用事例
・組織・運用フロー
・作成プロセスと実施
・経済効果
・課題
2.海外の運用 -米国・英国-
3.地域連携フォーミュラリーにおける大学病院の役割
4.抗がん剤その他、高額薬剤の検討

Ⅳ. フォーミュラリーをめぐる動向と今後の展開

国際医療福祉大学大学院 教授
武藤 正樹(むとう まさき) 氏

【17:30~18:30】

フォーミュラリーの機運がこのところ高まっている。フォーミュラリーについては、2015年4月、財務省の財政制度等審議会財政制度分科会で、「高額な降圧剤ARBが国内医薬品売上の上位を占めること」を例に「生活習慣病治療薬等について処方ルールを設定すべき」との案が示された。そして2018年診療報酬改定の中医協の中では、生活習慣病治療薬等の処方のルール化の一環としてフォーミュラリーが議論された。
現在、フォーミュラーには①病院(院内)フォーミュラリー(聖マリアンナ医大、浜松医科大学、昭和大学病院、東京女子医大など)と、②地域フォーミュラリー(地域医療連携推進法人日本海ヘルスケアネットなど)がある。また保険者フォーミュラリー、薬剤師会フォーミュラリーなどの可能性についても議論がなされている。
講演ではこうした各種フォーミュラリーをめぐる最近の動向と今後の展開について見ていこう。

1.院内フォーミュラリーと地域フォーミュラリー
2.フォーミュラリーの作成とその運用について
3.米国におけるフォーミュラリー
4.フォーミュラリーとジェネリック医薬品

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19430.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧