中小病院の経営改善成功事例

新社会システム総合研究所では
2019年12月 6日に「中小病院の経営改善成功事例~黒字化の秘策とは~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. なぜ、赤字にあえぐ中小病院が、年間2億円以上の増収を実現できたのか?
経営数字力でコミュニケーションを向上させる「かしこい数字の使い方」で医師や他部門を動かす方法

メディテイメント株式会社 代表取締役
杉浦 鉄平(すぎうら てっぺい) 氏
【13:00~14:15】

複雑な会計知識を必要とすることなく、かんたんに病院のお金の流れを1枚の図で見える化。たった2割の会計知識で、経営判断に必要な8割のことを理解できるようになる「お金のブロックパズル」を使って、医師や他部門が進んで経営に関わるようになる実践的キャッシュフロー思考について解説します。

1.決算書なんて読めなくても大丈夫!経営判断に必要な2割の会計知識
2.たった1枚の図を描くだけ利益の増やし方がわかる「お金のブロックパズル」
3.たった10分で利益が増える売上目標の作り方がわかる7ステップ
4.3つの数字を改善するだけで利益が2倍になるシナリオ作成
5.経営側と現場の危機感のズレを解消し職員が積極的に関わるようになる7ステップ

Ⅱ. 患者や他の医療機関・職員から選んでもらえる『オンリーワン・病院』を目指して
~職場は貴方の晴れ舞台~

一般財団法人操風会 岡山旭東病院 病院長
土井 章弘(どい あきひろ) 氏
【14:25~15:40】

当院は、急性期の脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院を目指し、経営理念を目的に、全職員参加で経営指針書を作成し、人材育成を中心に経営を推進してきた。病院の特色としてワークライフバランスを重視し、職場環境の整備・医療とアートの融合など癒しの環境の整備を行った。理念追求型の学習型病院について言及したい。

1.経営理念(君子は義を明らかにしてその利を図らず)
2.全員参加型経営指針書の作成
3.学習型病院(人材育成)
4.地域と共に歩む病院
5.職場は貴方の晴れ舞台

Ⅲ. 外来・入院医療中心へ転換した、くろさわ病院の経営改善事例

社会医療法人恵仁会 くろさわ病院 理事長・院長
黒澤 一也(くろさわ かずや) 氏
【15:45~17:00】

当法人は長野県佐久市を中心に83床の小病院であるくろさわ病院を中心に保健医療福祉を展開している。病院は建物の老朽化により2017年4月に新築移転し、近年注力しているリハビリ・救急・整形外科手術に重点的に取り組み、更に収支が悪化していた医療療養床を地域包括ケア病棟に転換し経営改善に取り組んでいる。法人全体としては介護事業所を整理し運営の効率化を図り、また商店街のイベントに参加し、空き店舗を利用してコミュニティスペースを開設し街づくりに積極的に参画している。

1.保健医療福祉複合体
2.地域包括ケア病棟転換
3.法人内外での連携強化
4.小規模介護事業所の整理
5.障がい者部門の強化
6.街づくりへの参画
7.空き店舗利用

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19399.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧