医師の働き方改革(政策・実践編)

新社会システム総合研究所では
2019年10月11日に「医師の働き方改革(政策・実践編)~今、何を準備しておくべきか、やらなければならないこと~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 医師の働き方改革入門(政策編)

ハイズ株式会社
(前厚生労働省 医政局 地域医療計画課)
伴 正海(ばん まさうみ) 氏

【14:00~15:20】

2019年3月「医師の働き方改革に関する検討会」報告書が完成し、方向性が示されました。今後、どのようなスケジュールで、どのような対応を準備しておけば良いのか、どのように情報収拾をしていけば良いのかというポイントを押さえることが、非常に重要です。今回は、今後出てくる情報を理解して実践するために必要な、医療提供体制の全体像と医師の働き方改革の位置付け、今後のスケジュールなどについて、なるべく平易な言葉でお伝えします。

1.なぜ働き方改革が必要なのか
2.マクロとミクロの医療
3.臨床、経営、政策という医療の3層構造
4.医療政策入門
5.三位一体推進施策 (地域医療構想、医師偏在対策、働き方改革)
6.報告書を読み込む
7.今後のスケジュール

Ⅱ. 医師の働き方改革における取り組むべき課題

順天堂大学医学部眼科学教室 助教
厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」構成員
猪俣 武範(いのまた たけのり) 氏

【15:30~16:50】

医療の高度化・細分化、医療テクノロジーの進歩、遺伝子診断による個別化医療などといった医学の進歩とは対照的に、我が国の医療サービスにおけるマネジメント・リーダーシップ人材は充足しているとは言い難い。特に、医師の長時間労働を背景として、個々の医療機関における業務・組織のマネジメントの課題が浮き彫りにされている。
本講演では、医師の働き方改革が履行される2024年4月に向けた医療機関におけるマネジメント・リーダーシップ人材の育成の必要性と、医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取り組みについて論じる。

1.働き方改革の3つの課題
2.医師の働き方改革の必要性
3.マネジメントとリーダーシップの違い
4.医師の働き方改革におけるマネジメント・リーダーシップ人材の必要性
5.医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取り組み
6.ICT・AIによるタスクシフティング

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19365.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧