「数値で見る在宅医療経営戦略」と 具体的な事例に見る「伸びる在宅医療機関」のつくり方

新社会システム総合研究所では
2019年10月 4日に「「数値で見る在宅医療経営戦略」と具体的な事例に見る「伸びる在宅医療機関」のつくり方」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

高齢化の進展に伴い、在宅患者は現在の70万人から2030年に100万人、2040年には120万人まで増えるとみられ、提供体制の整備が急務となっています。一方、外来医療需要は2025年をピークに減少が見込まれており、医療機関経営の観点からも在宅医療に取り組むことが重要になっています。

こうした中、「新たに在宅医療を始めたい」「既にある在宅医療部門をもっと伸ばしたい」という診療所や中小病院向けに、在宅医療の「始め方」「伸ばし方」のノウハウを1冊の本にまとめた書籍「在宅医療 経営・実践テキスト(日経ヘルスケア)」を出版しました。

コンサルタントとして又在宅療養支援診療所の事務長として、数多くの医療機関を見てきた経験から「伸びる在宅医療機関」にはいくつかの押えるべきポイントが見えてきました。

これから在宅医療を始める医療機関のための「数値で見る在宅医療経営」の基本と応用をご紹介すると共に、書籍では紹介しきれなかった「伸びる在宅医療機関」に必須のポイントを具体的な事例を解説していきます。

1.在宅医療の収入(患者単価×患者数)の把握
2.訪問診療のスケジュールの立て方と月間の収入目安
3.在宅医療の収支シミュレーション
4.中小病院の生き残り戦略としての在宅医療
5.訪問診療の診療体制(看護師、事務職員の同行)
6.患者紹介から初回訪問までの準備
7.院内外の情報共有の仕組みづくり
8.在宅医療部門の経営指標
9.集患のための取り組み
10.24時間体制の構築
11.在宅看取りの実践
12.医師採用のポイント(魅力づくり、求人資料や雇用契約書の作成)
13.多職種による組織づくり
14.質疑応答

株式会社メディヴァ コンサルタント
兼 医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック 在宅医療部 事務長
村上 典由(むらかみ のりよし) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19362.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧