IoT活用により医療現場で働き方改革を推進する

新社会システム総合研究所では
2019年 8月21日に「IoT活用により医療現場で働き方改革を推進する―ICTの活用とデータ利活用の最前線-」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 医師の働き方改革の現状とその具体的手法

医療アナリスト
浅野 信久(あさの のぶひさ) 氏

【13:00~14:30】

一般の従業員については、今年4月からワークライフバランスなど推進に向けて働き方改革が実施に移された。一方で、医師の働き方改革は、医師の不足などを考慮し、5年後の2024年4月からの実施と猶予が与えられている。今年3月末には、厚労省の「医師の働き方改革」検討会は報告書を公表し、研修医や地域医療に従事する医師は長時間労働を容認する方針が示されたが、これまで以上に医師の健康管理には留意が求められることになる。すでに医療現場では、長時間労働の是正やストレスの少ない快適職場形成が重要な経営課題となっている。時流に乗って、IoTの活用が提言されているが、具体的な効果に関する情報はまだ少ない。本講座では、具体例を挙げて、IoTはどのような貢献が可能かについて解説する。

1.医師の働き方改革報告書のポイント
2.病院における働き方改革の現状
3.注目すべき医師と看護師の燃え尽き症候群とその対策
4.医療現場での働き方改革へのリーンマネジメントの効能

Ⅱ. 院内オンライン診療システムの活用―遠隔集中治療の動向

横浜市立大学附属病院 集中治療部 部長・准教授
高木 俊介(たかき しゅんすけ) 氏

【14:40~16:10】

高齢化により重症患者が増えていく事で、医療の需給バランスが崩れていく事が予想される。働き方改革が叫ばれる中で、タスクシェア、タスクシフトは進んでいないのが現状である。遠隔ICUは急性期医療を変革する期待をされているが、課題も多くある。本講演では医療現場におけるICTの活用やデータ利活用の課題と展望について解説する。

1.医療現場におけるICTの活用について
2.日本におけるTele-ICUの課題と展望
3.急性期医療におけるメディカルコラボレーションネットワークの創設
4.Smart ICUについて
5.未来の集中治療に向けて

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19259.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧