【Apple,Google等BIG5がもたらすバリューチェーン革命】デジタル医療・ヘルスケアビジネス2025

開催日:2019-05-28(火) 9:30~12:30

講師:
株式会社ICTソリューションコンサルティング
代表取締役・インテリジェントデザイナー
冨永 孝 氏

略歴:
クリエーター、インテリジェントデザイナー 社会変革アーキテクト ビジネスクリエーター インテリジェンスデザイナー/~2008年アクセンチュア株式会社統括エグゼクティブパートナー(通信)/09年~株式会社ICTソリューション・コンサルティング代表取締役社長(現職)/ 株式会社デジタルイノベーション研究所代表
【最近の主な活動】大手企業(製造、流通、公共、IT等)における新規事業戦略、企業変革戦略国内外大手コンサルティングファーム、シンクタンク(複数)幹部社員への未来予測研修、アドバイザリー投資銀行、大手ファンドへの投資アドバイザリー、機関投資家へのワークショップ 政府への提言(総務省、通信白書等)セミナー多数
【過去の実績】02年アクセンチュアグローバルよりQVS大賞受賞(グローバルベストコンサルタント) 長年に渡り、ICT業界(通信/IT/メディア)における各リーディングカンパニーの事業転換戦略、サービス開発、BPR戦略、及び事業構造転換(チェンジマネジメント)を支援 ICT戦略を通じて、各インダストリ(製造/流通/公共等)のイノベーションを支援 従来の業種別事業戦略から、業種横断的バリューチェーン戦略への転換を提言伝統的なコンサルティングサービスに飽き足らず、クリエイティブコンサルティングサービス(クロスインダストリ/ICT活用/仮説検証/対話型)の実績と更なるチャレンジを行っている セミナー・講演多数(ICT、医療、流通、製造、シリコンバレー式事業開発等) 日本でも数少ない産業(複数業界)、経営戦略、技術戦略を1人称で語れるクリエーター

セミナー参加費:
web申込み35,180円(FAX・PDF申込み36,180円 消費税・参考資料含む)

概要:
国による各種の規制緩和、制度改革。医療技術の進歩。さらには、Apple、GoogleをはじめとするBIG5の参入、国内においても異業種からの参入が相次いでいる医療、介護、ヘルスケア業界。果たして、皆さんが考えているような黄金郷(エルドラド)でしょうか?私は、条件付きでNoです。
21世紀の医療ビジネスの本質は、BIG5によってもたらされた顧客(患者)情報の争奪戦です。顧客情報の争奪戦に負ければ、如何にすばらしい技術や人材があろうとも、高利益を手に入れることは難しいと思われます。少子高齢化によるニーズの拡大だけ観ていては、本質は見えてきません。この領域の勝者はごく限られたものになると予測できます。デジタル革命の本質は、サービスのデジタル化ではなく、医療サービスコストの劇的削減と業界構造の転換です。
今回のセミナーでは
●医療改革の本質とは
●BIG5のもたらす医療バリューチェーン革命
●さらにはスマートホーム、スマートシティと連携、接続へ
●仁術から、算術、さらには情報PF(プラットフォーム)ビジネスへ
●ビジネス勝者は誰か?その条件は?
について解説をしていきます。
既に医療介護ヘルスケアに携わっている方、また、新規参入を考えている方、参入を決めているが手応えがない方、また、知的好奇心を満たしたい方、大歓迎です。

詳細:
1.今、世の中でおこっていること
(1)BIG5のもたらすビジネス、産業革新
(2)医療業界に迫りつつある黒船(BIG5)
(3)規制業界に起こりつつある変化は他人事ではない(金融、エネルギー、通信)

2.医療、ヘルスケア業界で起こりつつある未来
(1)制度改革、規制緩和の本質
(2)BIG5にもたらされた新たなバリューチェーン
(3)サービスコスト競争と顧客情報の争奪戦
(4)本当に、医療介護ヘルスケア業界は儲かるのか?

3.2025年、狭義の医療業界は解体する
(1)医療業界から医療バリューチェーンへ
(2)さらには、スマートシティ、スマートホームに接続する医療バリューチェーン
(3)顧客インテリジェンス力によって、再編される医療業界

4.医療ビジネス成功のポイント
(1)医療ビジネスの新領域とは
(2)ビジネス成功の7つの条件
(3)ビジネス開発の進め方とチェックポイント

5.医療・ヘルスケア業界の変革が保険業界に与える影響と展望

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください

サービス詳細URL:https://www.seminar-info.jp/entry/seminars/view/1/4234

▼問い合わせ先

株式会社セミナーインフォ

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3九段プラザビル2階

TEL:03-3239-6544

FAX:03-3239-6545

http://www.seminar-info.jp/

株式会社セミナーインフォのプレスリリース一覧