急増するセントラルキッチンシステムの優位性と導入効果

新社会システム総合研究所では
2019年 4月22日に「急増するセントラルキッチンシステムの優位性と導入効果」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. セントラルキッチンシステム導入による効果と課題

一般社団法人 日本医療福祉セントラルキッチン協会 副代表理事
吉田 雄次(よしだ ゆうじ) 氏

【13:30~15:00】

(有)みやぎ保健企画セントラルキッチンは、2003年4月病院の栄養部門を、経営再建の一環で外部化し、院外調理施設(セントラルキッチン以下CK)を作った。今年5月で丸15年を迎える。現在、青森県から栃木県の病院・クリニック・老健・特養・サービス付き高齢者住宅・デイサービス等約55ヶ所に配食し、1日約4,700~6,000食を生産している。
東日本大震災時は3食欠食無く(県内)配食し続けた。まさにCKシステム・新調理システムの優位性と、日常的信頼関係(仲間)の支えに感謝する。
全国のCKはこの15年間で約25倍以上に増加し、CK協会が開催しているCK事業化セミナーの参加状況やCK見学の依頼状況からも、今後もCKが増えることは推察できる。CKを活用する病院や福祉施設も急増している。背景には、医療福祉を巡る厳しい経営状況や人手不足、衛生管理への不安などがある。
CKシステム導入後のグループ病院では、人件費率の低下・水道光熱費の削減ができ、病院リニューアルに際しては、厨房機器・建設コストも大幅に減らすことで経営改善に貢献した。CKSKそれぞれに課題はあるが、連携の強化は欠かせない。CK-SKは取引ではなく給食経営改善の協同の取組みにすべきである。また、生産者と病院・福祉施設と在宅などの”つくり手”と”つかい手”の”つなぎ手”としての役割と効率的生産と大量調理の安全安心(HACCP)の推進など、CKの役割は社会的に重要と考える。

Ⅱ. セントラルキッチンかすがいの挑戦と目指すところ

医療法人生寿会 法人事務局長・社会福祉法人薫徳会 常務理事
三田 明外(みた あきひろ) 氏

【15:10~16:40】

障害のある人もない人も、障害の重い人も軽い人も共に働き、市場に十二分に通用する商品を作り、事業所として成長させることを目標にセントラルキッチンかすがいは2009年8月オープンいたしました。
自法人と関連の医療法人との販路を当てに事業展開をしましたが、七転八倒の連続で、2回の経営危機が訪れました。
昨年度は何とか初のキャッシュフローでのプラスを達成いたしましたが、まだまだ課題は山積しております。
受講される方に対して、このような形で成功したという話はできませんが、我々の失敗例から学んでいただき且つ、その上で大きな展望を持っていることをお話したいと思います。

1.セントラルキッチンかすがいの設立経緯
2.医療法人生寿会の歩み
3.社会福祉法人薫徳会の歩み
4.セントラルキッチンかすがいの現状の問題点
5.セントラルキッチンかすがいの目指すもの
6.社会的連帯経済

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19133.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧