フォーミュラリーの実践・導入と今後の可能性

新社会システム総合研究所では
2019年 4月20日に「フォーミュラリーの実践・導入と今後の可能性」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. フォーミュラリーをめぐる動きと経営への影響

株式会社メデュアクト 代表取締役
流石 学(さすが まなぶ) 氏

【13:00~14:15】

質の高い薬物治療を最小コストで提供するための手段としてフォーミュラリーの必要性が叫ばれている。現状は普及しているとは言えないものの、近年の病棟薬剤業務や後発医薬品使用の進展など、環境は徐々に整いつつある。本講演では、コンサルタントの立場から、現状の医薬品の処方状況や課題、さらにはシミュレーションを通じた経営への影響を検討していく。

1.フォーミュラリーに期待されること
2.データから見る医薬品の処方状況
3.医療機関が抱える課題と診療報酬
4.フォーミュラリーが及ぼす経営への影響
5.まとめ・質疑応答

Ⅱ. 東北医科薬科大学病院における院内フォーミュラリー導入事例

東北医科薬科大学病院 薬剤部長 (薬学部 特任教授)
渡辺 善照(わたなべ よしてる) 氏

【14:25~15:40】

フォーミュラリーは、本来、医薬品の有効性・安全性を確保し適正使用を推進するためのツールであり、経済性のみを優先するものではない。当院では医薬品の適正使用に役立てるために、医薬品の経済性を考慮しながら有効性・安全性を主体として、さらに患者目線でアドヒアランス確保などの視点を組み入れてフォーミュラリーを進めている。当院が構築したシステムを紹介しフォーミュラリー普及の一助としたい。

1.フォーミュラリーの原点と導入する意義
2.院内フォーミュラリーを導入するためのポイント
3.院内フォーミュラリーを実施するまでの過程(構築の手順)
4.院内フォーミュラリーの実例と効果
5.院外への影響(地域フォーミュラリーへの関わり)
6.質疑応答

Ⅲ. 新座病院におけるフォーミュラリーの導入と具体的作成事例

医療法人社団青葉会 新座病院 薬剤科 主任
金井 紀仁(かない のりひと) 氏

【15:45~17:00】

フォーミュラリーは客観的な指標を基に作成されることで、医療の発展には欠かせない薬剤費抑制を含んだ医薬品の適正使用・適正な在庫管理・エビデンス創出を促すことができると考えている。戸田中央医科グループの一つで埼玉県にある新座病院(128床)では院内フォーミュラリーを導入し、近隣の東所沢病院との連携を試行することで地域完結型の医療の提供を目指している。今回、フォーミュラリーの作成・導入事例を紹介する。

1.院内・地域フォーミュラリー構築による利点
2.院内・地域フォーミュラリー構築の手順(概要)
3.客観的なフォーミュラリー作成を目指して1;医薬品の同等量設定
4.客観的なフォーミュラリー作成を目指して2;優先順位付け
5.フォーミュラリーの効率的なメンテナンスを目指して

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19117.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧