オンライン診療(遠隔医療)、医療ICTの最前線

新社会システム総合研究所では
2019年 4月19日に「オンライン診療(遠隔医療)、医療ICTの最前線」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 次世代医療基盤と遠隔モニタリングが拓く情報化時代の医療

京都大学医学部附属病院 医療情報企画部長/病院長補佐
京都大学 医学研究科 医学・医科学専攻 医療情報学分野 兼
情報学研究科 社会情報学専攻 医療情報学講座 教授
黒田 知宏(くろだ ともひろ) 氏

【13:00~14:10】

平成30年度診療報酬改訂では、「オンライン診療」の解禁によって「遠隔医療」を正々堂々と実施できる未来への扉が開かれたことに、衆生の耳目が集まっている。しかし、医療を本質的に変える可能性の扉を開いたのは、同時に収載された在宅呼吸管理機器の「遠隔モニタリング」にあると、講演者は見る。
IoTを体現する「遠隔モニタリング」と医療ビッグデータ基盤である「次世代医療基盤」が出逢うことで現れつつある、情報技術が「そこにある」時代の医療の姿を、本講演では展望する。

1.次世代医療基盤法と医療ビッグデータ
2.オンライン診療と遠隔モニタリング
3.Internet of Things
4.Context Aware Information Service
5.ソーシャルホスピタル
6.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. オンライン診療、医療ICT化の最新動向と将来展望

(株)野村総合研究所 コンサルティング事業本部
グローバル製造業コンサルティング部 主任コンサルタント
横内 瑛(よこうち あきら) 氏

【14:20~15:30】

わが国では、過去10年の間にスマートフォンやタブレット型端末などの急速な普及とデータ通信技術の進展でICTの大衆化がもたらされ、遠隔診療の普及を妨げてきた通信技術面の課題が解消された。2017年4月の未来投資会議を経て、遠隔診療の普及促進に向けた診療報酬の新設や法整備などが進んだことで、2018年4月からは一部の疾病においてオンライン診療に対する診療報酬が認められるなど、歴史的な一歩を踏み出したとも言える。
本講では、まず現状のオンライン診療の実態と普及阻害要因に触れ、オンライン診療の可能性をわが国の医療政策と照らし合わせる。その上で、オンライン診療の将来展望および周辺で新興しうる新規事業機会の萌芽について述べたい。

1.オンライン診療・医療ICTを取り巻く現状の事業環境
2.オンライン診療の利活用実態
3.オンライン診療の普及阻害要因
4.オンライン診療・医療ICTの将来展望
5.オンライン診療・医療ICT領域における新規事業機会の萌芽
6.質疑応答/名刺交換

Ⅲ. 第5世代移動通信5Gの医療分野への応用

(株)NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 担当部長
奥村 幸彦(おくむら ゆきひこ) 氏

【15:40~16:50】

第5世代移動通信5Gは、既存の移動通信をさらに発展させた超高速・大容量、超低遅延、多数接続などの特徴を持つ次世代の移動通信であり、国内外において実現に向けた取り組みが活発に行われている。本講演では、5Gにより実現が期待される新しいアプリケーション・サービスのうち、5Gの特徴を活かした医療分野への応用に関して、ドコモが連携パートナーとともに提案しているソリューションを紹介するとともに、それらの検証試験や模擬試験について最新の取り組状況を述べる。

1.5Gを遠隔診療に活用することによるメリットと課題
2.5Gを活用する新サービスによる地域医療へ貢献
3.5Gを活用する新サービスによる救急医療へ貢献
4.より高度な医療への5Gの活用可能性
5.質疑応答/名刺交換

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19100.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧