消費税10%時代の病院経営

新社会システム総合研究所では

2019年 3月26日に「消費税10%時代の病院経営~その影響と対応策~」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

安倍政権の下で二度の延期を経て、ようやく今年10月から10%に引き上げられることとなった消費税であるが、その際には国民負担に配慮した軽減税率制度が導入されることとなる。一方で、かねてから医療機関の財務内容に深刻な 影響を及ぼすとして批判の強かった控除対象外消費税(損税)問題は、税制改正大綱によれば、とりあえず診療報酬改定で乗り切ることとされた。しかし、果たして診療報酬改定だけで控除対象外消費税(損税)問題を解決できるのか、疑問はいまだ残ったままである。そこで、本セミナーでは、控除対象外消費税問題の発生メカニズムとその解消の方向性につき、基礎から分かりやすく解説することとしたい。
また、消費税率10%への引き上げに伴い、新たに導入される軽減税率やインボイス制度への対応が迫られるのみならず、高額な医療機器の導入や病棟の改築・耐震化といった設備投資のタイミングの判断も重要性を増している。そのため本セミナーでは、改正消費税法に規定された新しい制度や経過措置の内容を概説し、設備投資のタイミングの判断基準等も解説していきたい。

1.消費税増税の背景
2.改正消費税法の内容
3.医療・福祉非課税の原則と控除対象外消費税
4.控除対象外消費税問題の医療機関への影響
5.控除対象外消費税問題と平成31年度税制改正
6.軽減税率の導入とその影響
7.インボイスの導入とその影響
8.消費税率引き上げに伴う経過措置
9.医療機関の設備投資と消費税
10.質疑応答

国際医療福祉大学大学院 准教授 税理士
安部 和彦(あんべ かずひこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19108.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧