超人材不足時代の給食革命

新社会システム総合研究所では
2019年 3月16日に「超人材不足時代の給食革命」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. ローコストオペレーションと給食委託の現状

GUTS株式会社 代表取締役
清水 仁(しみず じん) 氏

【13:00~14:00】

2019年度の政府予算案での社会保障費(年金・医療・福祉)は約33兆円ですが、税金のほかに社会保険料負担分を合算した「社会保障給付費」は全体で約115兆円、医療分野だけでも40兆円にのぼります。2025年に医療需要のピーク、2035年には介護需要のピークを迎える我が国のヘルスケア産業において、給食をはじめとした委託業務の効率化が宿命となっています。
本講では、ヘルスケア産業全体の市場動向を俯瞰し、給食を主とした委託業務の効率的運営手法や見直し方法をお話させていただきます。

1.ヘルスケア産業のマーケティング
2.ローコストオペレーションについて
3.委託業務の効率化について

Ⅱ. セントラルキッチンで病院、施設給食改革

医療法人・社会福祉法人緑山会 理事長
齋藤 淳(さいとう じゅん) 氏

【14:10~15:10】

病院、施設において給食はどのような位置づけでしょうか。委託業者まかせ、栄養士まかせ、コンサルタントまかせ。給食をめぐる収支は把握されていますか。病院、施設経営において、給食に関わる費用は10-20%を占めています。病院、施設給食は単一に近いメニューで、売れ残りを心配する必要もありません。ブラックボックス化している給食は、実はコスト削減の宝庫でもあります。労務管理、人手不足も厨房の大きな問題ですが、計画生産、計画出荷ができる効率的なセントラルキッチン化により、厨房が3K職場でなくなればどうでしょうか。今話題の外国人材活用も含めて当院の実例をご紹介致します。

1.セントラルキッチン+高温高圧調理法
2.コスト削減、高品質、効率生産で一石三鳥のメリット
3.外国人材活用と障碍者雇用で人手不足に対応

Ⅲ. 高温高圧調理法の導入による厨房改善

株式会社MCシステム 給食事業部 事業部長
稗田 悟(ひえだ さとる) 氏

【15:20~16:20】

現在の病院福祉厨房運営の問題点は大きく2つあります。1つ目は深刻な人材不足により、厨房職員の雇用にまで手が回らない事。2つ目は多様化し続けるニーズへの対応策が見つからない事。これらの問題点を新しい調理法を導入することで解決する方法を紹介いたします。また、新規工場建設時の従来方式セントラルキッチン工場との初期費用の比較例もご紹介いたします。

1.緑山会セントラルキッチンの運営実績
2.病院福祉施設厨房の問題点とセントラルキッチン化するメリット
3.新調理システムの導入と従来方式との比較

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19105.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧