オープンデータを活用した 地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定

新社会システム総合研究所では
2019年 2月25日に「オープンデータを活用した 地域医療分析に基づく中・長期的な戦略策定」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. DPCデータ活用による医療評価と地域医療構想の方向性

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀(ふしみ きよひで) 氏

【14:00~15:20】

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、病床機能報告制度と地域医療構想に「寄り添う」改定が行われた。地域医療提供体制の変革が予想される中、本演では、DPCデータに基づく診療報酬評価、医療の質評価、病院機能評価等の現状をまとめ、さまざまな医療データを活用した地域医療構想の考え方とその方向性を示したい。

1.CCPマトリックス、質指標などのDPCデータによる医療評価のあり方
2.地域医療構想と急性期病院の今後
3.病床機能報告と医療機能分析による機能分化の方向性
4.地域医療需要推計と病床機能分化の課題
5.質疑応答

Ⅱ. オープンデータを活用した地域医療分析に基づく中・長期的な戦略の検討

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一(いしかわ べんじゃみん こういち) 氏

【15:30~17:00】

平成30年度の診療報酬改定では、DPC制度の改定と共に、病床機能報告制度とDPC調査や病床機能報告の結果がオープンデータとして公開されることにより、今までにないレベルで地域の医療提供体制を把握することが可能になっている。本講演ではBIツールにより可視化したデータに基づいてSWOT/PPMなどの視点から分析した事例を用いて、中・長期的な外部環境の変化を見越した戦略策定の方法論を示す。

1.実効性のある戦略を策定するために必要なステップ
2.地域の医療提供体制における自院のポジショニング
3.今後の医療需要の変化を見越した戦略の調整
4.地域全体での最適化に向けての課題
5.質疑応答

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19087.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧