2025年に向けた病棟再編成とこれからの病院経営戦略

新社会システム総合研究所では
2019年 2月23日に「2025年に向けた病棟再編成とこれからの病院経営戦略 」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

2018年度の診療報酬・介護報酬同時改定は厚労省が目指す2025年の地域包括ケアシステム、地域医療構想のフィニッシュに向けた「政策誘導」の性格が非常に強い内容でした。外来、在宅は「かかりつけ医」の評価、入院は急性期一般入院料、地域一般入院料等の再編・統合・細分化が行われました。そして、介護医療院が新設されて2025年に向けた入院料ラインナップは揃いました。あとは各病院が地域の入院患者需要、他院の動向、自院のポテンシャルをしっかりと把握して、経営ビジョンを明確にして具体的な病院経営戦略を立案することです。その具体的な手法について解説いたします。

Ⅰ. 2025年の地域包括ケアシステム、地域医療構想のフィニッシュへ向けてやること

株式会社MMオフィス 代表取締役
工藤 高(くどう たかし) 氏

【13:00~14:20】

1.2018年同時改定後の動向
2.高度急性期、急性期がやるべきこと
3.回復期(地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟)がやるべきこと
4.慢性期(医療療養型、介護医療院)がやるべきこと
5.医療と介護の連携(地域包括ケアシステム)でやるべきこと
6.まとめ

Ⅱ. データ分析に基づく病棟再編成

株式会社メディチュア 代表取締役
渡辺 優(わたなべ まさる) 氏

【14:30~15:50】

1.データ分析から見えてくる病院経営環境の変化
2.高度急性期、急性期病棟の状況
~都市部と地方部で起きている事象について~
3.回復期、慢性期病棟の状況
~機能転換後の病棟運営、人員配置戦略について~
4.MMオフィス工藤氏に聞く、病棟再編成のポイント
~工藤氏に渡辺から病棟再編成の疑問を直撃!~
5.まとめ

Ⅲ. 施設整備を成功に導く「基本構想」のポイント

日揮株式会社 ヘルスケア事業部 部長代行
長坂 聡(ながさか さとし) 氏

【16:00~17:00】

1.基本構想策定の必要性
2.基本構想策定のポイント
~現状認識、将来像から事業性検討まで~
3.まとめ

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19083.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧