これからの慢性期医療と介護医療院の行方

新社会システム総合研究所では
2019年 2月 9日に「これからの慢性期医療と介護医療院の行方」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. これからの医療介護と地域に必要とされる病院

一般社団法人日本慢性期医療協会 会長
医療法人平成博愛会 博愛記念病院 理事長
武久 洋三(たけひさ ようぞう) 氏

【13:00~14:55】

現在、わが国では後期高齢者が増加しているにもかかわらず、病院の入院患者が減り続けている。これは平均在院日数の短縮化が一因であるが、本来の「病院とは治療するところ」へ原点回帰しているのである。
不必要に患者を入院させ、無駄に入院を継続したり、治療成績が悪ければ、必然的に地域住民から見捨てられてしまう。その地域にある病院はそこから動けないのだから、その地域で評価されなければその病院の将来はない。地域住民、行政、開業医、福祉施設等々から信頼され、その病院の地域での存在が盤石のものとなるためにどうすべきか、今後の方向性について述べていきたい。

1.自称急性期の意図的選別
2.高度慢性期医療の確立
3.地域多機能病院を目指す
4.介護保険施設のこれから
5.病院再生(ハード面・ソフト面)

Ⅱ. 地域包括ケア時代の介護医療院の役割と行方

日本介護医療院協会 会長
医療法人社団三喜会 理事長 鶴巻温泉病院 院長
鈴木 龍太(すずき りゅうた) 氏

【15:05~17:00】

2018年4月、医療の必要な要介護高齢者の長期療養・生活施設として、「介護医療院」が創設された。2018年9月末現在63施設4583床であるが、介護療養病床と医療療養病床、転換型老健が転換対象となっており、今後5万から10万床の転換が予想される。「地域包括ケア時代の介護医療院の役割と行方」と題して、介護医療院の利点と課題、対策をお話するとともに、慢性期病院としての鶴巻温泉病院の取り組みについてお話する。

1.療養病床の歴史
2.なぜ介護医療院か
3.地域医療構想の中の介護医療院
4.介護医療院とは
5.介護医療院の利点、課題
6.地域包括ケア時代の慢性期病院
7.鶴巻温泉病院の取り組み

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19058.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧