病院が在宅医療に参入するための第一歩

新社会システム総合研究所では
2019年 1月22日に「病院が在宅医療に参入するための第一歩」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

Ⅰ. 病院が少しでも早く在宅医療を始めるために何をすべきか

医療法人社団 永生会 特別顧問
中村 哲生(なかむら てつお) 氏
【13:00~15:55】

政策誘導に伴い病院経営は在宅医療が必須となっている。在宅医療を始めるにあたり第1歩が踏み出せない病院、診療所も多い。24時間365日のイメージによりハードなイメージがあるが、まずは簡単な在宅から始める事もできる。何故 今、在宅医療をしなければいけないのか、まずは理解して何から始めるか。自分たちは何が問題で1歩を踏み出せないのか。
在宅医療を行う医療機関は間違いなく増加します。今大切な事は少しでも早く在宅医療を始める事です。 南多摩病院は在宅医療を開始してわずか1年で在宅患者が450人になりました。少しでも参考になって頂けると嬉しいです。

1.在宅医療は何故やらなければいけないのか
2.どうすれば患者は集まるのか
3.在宅医療の市場と地域戦略は
4.在宅医療の差別化とは
5.今後の在宅医療とは
6.在宅医療の収支について
7.地域から選ばれる在宅医療
8.質疑応答

Ⅱ. 病院が提供する在宅医療サービス ~DPCデータから示す現状と今後の対策~

セコム医療システム株式会社 病院経営分析システム「セコムSMASH」担当
吉 紀三(よし のりみつ) 氏
【16:05~17:00】

昨今の診療報酬改定では、在宅誘導の方向性が明確となり、地域包括ケアは構想から構築に向かい、入院、外来の機能分化や在宅医療の質向上に取り組むことになりました。そこで、膨大なDPCデータから、病院が提供すべき在宅医療の現状を分析し、在宅医療サービスの強化に向けた今後の対策を見据えたいと思います。

1.高い単価の在宅療養・治療の実態
2.入院治療に匹敵する多職種連携から見る質の高い外来診療
3.在宅医療を見据えた入院中の医療サービス
4.DPCデータから見る入退院支援
5.ビックデータから病院経営分析を考える
6.質疑応答

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19012.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧