在宅医療・介護でも必要な感染防止技術と実際の現場における感染対策

新社会システム総合研究所では
2018年12月 8日に「在宅医療・介護でも必要な感染防止技術と実際の現場における感染対策 」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

国は団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年を目途に、重度の要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療施設から在宅へその舵を大きく斬ろうとしている。すなわち、これまで以上に医療が在宅へ移行し、在宅医療・介護における感染対策は必須不可欠となる。そこで今回は感染管理の基本に始まり、在宅でも必要とされる基本的な感染防止技術と実際の現場における感染対策について介護者や家族への指導ポイントも含めて解説する。

1.感染管理の基本
(1)感染の成り立ち
(2)標準予防策
(3)感染経路別予防策

2.在宅医療・介護でも必要な感染防止技術
(1)手指衛生技術
(2)個人防護具装着・脱着技術

3.在宅医療・介護の現場における感染対策
(1)在宅医療・介護における感染対策の考え方
(2)知っておきたい病原体の基礎知識
(3)代表的な医療関連感染と感染対策
(4)感染拡大防止における注意と指導

4.質疑応答

医療法人横浜柏堤会 戸塚共立第1病院 感染管理室 主任
高橋 峰子(たかはし みねこ) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18424.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧