コンピュータ審査時代に医療機関はどう対処すべきか

新社会システム総合研究所では
2018年11月30日に「コンピュータ審査時代に医療機関はどう対処すべきか」と銘打ったセミナーを開催する。

【重点講義内容】

レセプト審査は、今後劇的に変わります。これまでの審査は、審査委員の目が基本でコンピュータはその前捌きでした。今後はその方法を180度転換、コンピュータでの完結(90%)を基本としながら対応できない部分を職員(約10%)と審査委員(約1%)で処理することになります。果たして国民が保険で良い医療が 受けられるのか、医師の裁量権は尊重されるのか等懸念されます。このようなコンピュータ審査時代に医療機関はどのように対処すべきか、その対処策をお話します。

1.支払基金とはどういう組織か
・その誕生と果たしている役割
2.審査はどのように行われているのか
・現在の審査の流れと審査の重点
・具体的な審査事例
3.審査はどのように変わるのか
・「支払基金業務効率化・高度化計画」の内容と問題点
4.審査支払機関がめざす新たな事業
・「データヘルス推進計画」の内容と問題点
5.コンピュータ審査にどう対処するか
・再審査請求の重要性
6.その他
7.質疑応答

フリーライター
橋本 巌(はしもと いわお) 氏

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18392.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧