『続・患者トラブルを解決する「技術」』著者が伝授セミナー

新社会システム総合研究所では
2018年 8月23日(木)に「『続・患者トラブルを解決する「技術」』著者が伝授
~実際に解決に携わった数千件の事例から解決策を指南~」と銘打ったセミナーを開催する。

【講師】
大阪府保険医協会 事務局 参与
尾内 康彦(おのうち やすひこ) 氏

【重点講義内容】

医療機関の患者トラブル対応において、院長ら経営幹部が対応に慣れてないため、患者言いなり処理や、人任せ処理で終わることも多い。
「患者第一」「患者いいなり」となってはいけない。
私は予てより、全ての患者トラブルは、結局「応召義務」の問題に行き着くのではないかと訴えてきた。
本セミナーでは「応召義務」を単なる “知識”ではなく、現場で使える、言うなれば伸び縮み可能な「知力」に転化できるようにしたい。

1. 患者トラブルの構造を3点(MP、ハードクレーマー、普通の人)で押さえる
2. 患者トラブルの背景を4点で押さえる
3. 「サービス」の語源、意味と「患者様」
4. 「時代」によるそれまであった「誤解」の強制と批判
5. 「応召義務」のこれまでの理解とこれからの理解(平成期の裁判事例を参考にして)
6. 「応召義務」の時代的変遷と現在の日医の理解
7. MPへの対応(薬物・アルコール依存症、精神に疾患を抱え、情緒不安定、不穏状態の患者、マル暴関係)
8. ハードクレイマーへの対応
9. 普通の市民への対応
10.相談が増える精神疾患疑う患者への対応―特に精神疾患を持つ患者の責任能力について
11. クリニック各科、病院の最近相談事例からみる
12. 最近増加のネット書き込みの特徴と対応法
13. 患者トラブル解決に関する3原則を掴む
・優しいだけでは、医療は守れない
・クレームに強くなければ、これからの医療は守れない
・医療現場で働く人を守れないで、患者を守れるわけがない
14.質疑応答/名刺交換

※受講者全員に、『続・患者トラブルを解決する「技術」』(日経BP社)を進呈。

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18265.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧