2018年診療報酬・介護報酬同時改定 “キーワードは入退院支援と医介連携” -医療関係者として知っておきたい介護報酬改定項目を詳説する-

開催日時
2018年 2月20日(火) 午後1時~午後4時

会場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

受講料:1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

講師
メディカル・テン 代表
兼 阪神調剤ホールディング株式会社 顧問
公益社団法人京都府介護支援専門員会 顧問
宮坂 佳紀(みやさか よしのり) 氏

2018年度診療報酬・介護報酬同時改定の共通項目は
(1)看取り、(2)訪問看護、(3)リハビリテーション、(4)関係者間の連携
上記の項目に関連して見直し評価された介護保険の改定項目について、医療関係者として知っておきたいポイントを詳説いたします。

1.医療関係者にとって必要なケアマネージャーとの効果的な連携方法とは

2.通所介護事業所など向けのリハビリテーション
アドバイスを主眼にコンサルテーションを検討する

3.訪問看護ステーションの生き残り策は
入院時の情報共有、同一法人間の連携方法を再認識

4.残薬解消、多剤投与減少策は
調剤薬局とケアマネージャーとの連携強化から

5.明日から使える医療・介護連携や指導管理算定様式モデル事例集

6.質疑応答

申し込みフォーム
http://www.ssk21.co.jp/seminar/input/S_S18038.html

お問合せ電話番号:03-5532-8850

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18038.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧