中医協の議論から読み解く2018年度診療報酬改定の行方と事前対策

新社会システム総合研究所では
11月18日に「中医協の議論から読み解く2018年度診療報酬改定の行方と事前対策」と銘打ったセミナーを開催する。

高崎健康福祉大学 健康福祉学部 医療情報学科 准教授
木村 憲洋(きむら のりひろ) 氏

診療報酬・介護報酬の同時改定を迎えるにあたり、前回のセミナーでは、診療報酬改定を迎えるための考え方や組織体制をどのようにしていくのかについて説明した。
今回のセミナーでは、診療報酬改定を迎えるにあたり、まだ、算定ができていない点数項目についての考察を行う。また、医療機関と介護サービスに対して連携のあり方について示す。
そして、これまでの中医協などの議論を中心に説明する。これにより診療報酬改定に対して万全の体制を作れるようにする。

1.まだまだ間に合う診療報酬点数の届出項目
2.経営に効果がある医療機関と介護サービスとの連携
3.診療報酬改定の方向性
4.まとめ
5.質疑応答

詳細は、サービスURLをご覧下さい。

サービス詳細URL:http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_17367.html

▼問い合わせ先

(株)新社会システム総合研究所

〒1050003 東京都港区西新橋2-6-2友泉西新橋ビル

TEL:03-5532-8850

FAX:03-5532-8851

(株)新社会システム総合研究所のプレスリリース一覧